理念

『子どもが自分で選べる社会』

学び方、過ごし方、生き方。すべてのことにおいて、子どもの意思が尊重され、子ども自身に選ぶチャンスのある社会を実現する。
そのために、Rizは「学び方の選択肢」「過ごし方の選択肢」を失ってしまっている子どもたち(=不登校生、家庭に居場所のない子など)の支援をおこないます。

ミッション

『ちいさな世界(≒学校,家庭)で孤独を抱えすべてを諦めたくなった人の世界を広げ、自分の足で歩む力をつける』

ちいさな世界では、些細なトラブルも大きな問題になりやすく、また解決方法も少なくなってしまいます。(「学校に行かなければいけない世界」では、学校に行かない選択肢は取れない、というような)
特に子どもたちは学校/家以外の場所を見つけにくく、孤独を抱えやすい。だからこそわたしたちは、子どもたちの世界を広げ(=新しい価値観の提示)、自分で選び行動できる力が育つようサポートします。

行動規範

・当事者である
わたしたちは支援者でありながら、当事者でもある。自分が学生時代に抱えた葛藤を忘れずに、常に当事者意識を持って取り組みたい。

・楽しむ
子どもは大人の背中を見て育つ。まずは周りの大人であるわたしたちが日々を楽しみ、謳歌すること。その姿を見せ、共に楽しむことで、子どもはこれからの人生に希望を見出せる。

・対等である
子どもたちとわたしたちは、上下の関係ではない。常に対等に接し、言葉に耳を傾けること。わたしたちも間違うことを忘れないこと。学びの姿勢を忘れないこと。

・味方である
子どもはもちろん、保護者・学校・地域の人々に対しても、わたしたちは味方である。敵を見誤らずに、共存するにはどうすればいいのかを考え続ける。

・尊重する 子どもたちは感じ、考え、言い、動くことができる。先入観を持たずに、聴く姿勢を守ること。ひとりの存在であることを自覚し、「子ども」と括らないこと。

・「今」に向き合う
今、子どもは何を感じているのか、何を望んでいるのかに目を向けて、その先に未来を見据えること。将来の幸せは、今の幸せなくしては成り立たない。

・オープンである
葛藤を隠さない。感情を抑えない。なるべく壁を作らず、開放的である。