yuki

yuki

対応可能な相談

お子様が学校と距離をとりお悩みのお母様へ。

どうして私だけ……どうしてうちの子が……どうして……どうして……どうすればいいの……なんとかしなければ…一生このままだろうか…

そんな気持ちでいっぱいではありませんか?

私が……そうでした。

同じ【不登校】でも今、お母様がどんなお気持ちか、お子様の日常などでお伝えすることが違います。
段階によってお子様への声掛けなども変わってきます。

ぜひお話してください。

私の経験、失敗なども踏まえ、同じ不登校を経験した母として、お子様の段階をお伝えし、お母様が行うべきことをお伝えします。

私も苦しみたくさん泣きました。そしてたくさん分かりました。

気付きの言葉で心の整理のお手伝いをします。

お子様が笑顔で動き出せるように。

一緒に進みましょう。

無料コラム相談の回答

学校に行くべきという考えの義父母に、不登校の子供の気持ちを尊重してもらいたいです。

...

この記事を読む

不登校を経て通信制の高校に編入した息子。今も毎日は行けていない状態です。

...

この記事を読む

見守ることの他に息子のために何か出来ることはないのでしょうか

...

この記事を読む

子供が外の世界に興味を持つために、家族はどう対応すれば良いでしょうか

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は「子供が外の世界に興味を持つために、家族はどう対応...

この記事を読む

どうすれば娘はまた心を開いてくれるでしょうか

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は「どうすれば娘はまた心を開いてくれるでしょうか」という...

この記事を読む

プロフィール

子供の幸せは親の責任だと必死に育ててきました。

よく【不登校には意味がある】といいますが私達親子にとっては親離れ・子離れのタイミングだったように思います。

子供の生き方は、私達親が思い描く理想の毎日、理想の未来じゃなくても、それも子供の人生と見守る事が大切でした。

気付きの言葉で心の整理のお手伝い。

気付きのアドバイザーとしての活動しています。

●カラーdeサンキャッチャー®認定講師
イベント出店の他、不登校ママ会を開きセルフセラピー(自分で自分を癒す)ワークショップを開催。

●レイキヒーラー
●魔法の質問カードマスター
●月のカードマスター

子育てインタビュー記事

超難関校に通う息子が不登校!?それでも「家族みんなはいつも通りに過ごそう」と約束をした。【不登校生の保護者インタビュー第10弾】

不登校の子を持つ保護者の方に、我が子との向き合い方を伺う「不登校生の保護者インタビュー」第10弾。 今回は、高校三年生の息子...

この記事を読む

子供について

年齢・性別

・大学生(男)
・高校1年生(女)

不登校期間

息子は高校一年6月から。

娘は体が小さく、体力がもたず、幼稚園時代から中学三年生まで毎年、年間30日以上休んでいましたが、学校も母娘も共に不登校の意識なく、元気に問題なく過ごし…今や高校では皆勤賞です^^

超難関校に入学した息子。

息子はずっと頑張りました。息をつく間もなく走り続けた…そんな感じだったのでしょうか。
プツンと糸が切れたように動けなくなりました。

当時の私は息子の心に寄り添いもせず、何とかしなければ。学校へ戻さなければ…このままではダメになってしまう。みんなに笑われる…と焦るばかりでした。

親の思い虚しくタイムリミット。息子は居場所を失い、通信制へと身を移しました。

そこでも行かなかった日の方が多く、また苦しい日々を過ごしました。

現在の状況

昼夜逆転・ゲーム三昧・大声・床を殴る、お風呂に入らない・歯を磨かない。といった【不登校あるある】は一通りやってのけた息子。

病院では【適応障害】【パニック障害】と診断されました。

そんな息子が大学生に。しかも県外。一人暮らしです。
心配じゃないと言ったら嘘になります。

だけど、自分が辛い思いをしたから心の勉強をしてみたいと、その分野へ飛び込みました。

息子の人生は息子のもの。心配はもうしません。

メッセージ

こんにちは。
yukiです。

お子様が学校と距離をとり、とても悲しく辛い日々をお過ごしかと思います。

私も経験した【子供の不登校】声を出して泣き崩れる毎日…
神も仏もないと全てを恨んだこともありました。

たくさんの失敗と時間がかかりましたが、私たち親子は前を向き笑顔で進めるようになりました。

お子様のこと。ご家族の事。ご自身の事。たくさんお話してください。
悲しい毎日の中にもある楽しいことも嬉しかったことももちろんぜひお聞かせください。

実は同じ不登校の悩みでもお一人お一人苦しい理由が違います。

じっくりとお話を(メール相談で)伺いながら
一つ一つ絡まった心の糸をほぐすお手伝いをします。すっと糸が解けたら、お子様への向き合い方も変わりますよ。

流した涙に魔法の虹をかけましょう。

関連リンク

◆yukiのブログ
https://ameblo.jp/magokorosplash