ともみ

ともみ

対応可能な相談

どうしたら学校に行くようになるのか。
私もたくさん悩みました。。

でも、その答えはひとつではなく、それがあるのかないのか。
それも正直私にはわかりません。。

ただ、不登校になっている我が子を心から見守るにはどうしたらいいか。。

苦しいのはその思いなのではないでしょうか。

そんなお悩みを一緒に考えていけたらと思っています。

無料コラム相談の回答

不登校の娘と、なんとか登校している息子がいます。どうしても比較してしまいしんどいです。

...

この記事を読む

「悔しい思いをしてまで無理に学校へ行く事はない」と娘に伝えました。今後のアドバイスがほしいです。

...

この記事を読む

小学2年生のADHDの息子が不登校気味です。様々な対応を試したがどれもうまくいきません…。

...

この記事を読む

姉が妹の不登校を認めず口をききません。家の中が緊迫状態で精神的にまいっています。

...

この記事を読む

どうしたら苦しい気持ちを切り替えることができるのでしょうか

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は「どうしたら苦しい気持ちを切り替えることができるの...

この記事を読む

プロフィール

私が我が子たちにいつも言葉で伝えているのは『正直に自分の気持ちを言ってくれたこと。本当に嬉しい』
ということ。

はじめから私もこんなふうに思えずに、無理やり登校させようとしていた時期もありました。

以前は理屈で子供を諭すことが大切だと考えていて、すごく一方的な母親でした。
子供の気持ちと向き合うということ自体が全くわからなくて。。

子供の不登校から学んだことは子供の気持ちをそのまま受け止める。ということ。

そして、子供の気持ちを受け止める前に私自身が自分の気持ちに正直になることでした。

これは本当に難しいですが、一番大切なことと今は思っています。

【資格】
・インナーチャイルドカードセラピスト
・TCカラーセラピスト
・エナジーフラワーエッセンス花療法士

【趣味】
・点描画
・マクラメ編み

子育てインタビュー記事

子どもの気持ちがわからない自分との葛藤。不登校は自分の人生を見つめなおすきっかけでもあった 【不登校生の保護者インタビュー第9弾】

不登校の子を持つ保護者の方に、我が子との向き合い方を伺う「不登校生の保護者インタビュー」第9弾。 今回は、高校二年生の息子と...

この記事を読む

子供について

年齢・性別

・高校2年生(男)
・中学3年生(女)

不登校期間

長男は中1から
長女は小5から

長男は小5のとき習い事での辛い出来事がきっかけで情緒不安定に。
学校でも問題行動があり、パニック障害、強迫性障害と診断されました。

半年で一旦落ち着き、中学に進学しましたが、中1で不登校に。

家でも感情コントロールが出来ずに、家族は崩壊寸前。

長女もそれまで抑えてきた感情が溢れて、精神的に限界になり、不登校に。

二人同時の不登校は4年間に渡りましたが、兄妹ともに自分の気持ちを育てる大切な時間になりました。

そして、家族のために大切なことを学ぶきっかけになりました。

現在の状況

現在は長男は通信制高校に、長女は中学に進学し、マイペースに登校しています。

二人とも本来の明るさを取り戻し、兄妹の関係も良好です。

息子は音楽に興味を持ち、友達とイベントに行ったり忙しく過ごしています。
娘は高校受験に向けて、前向きに動き始めました。

メッセージ

不登校を通じて私自身が気づいたことは

頑張りすぎないこと、自分を責めないこと。

自分の思いを話すことが気持ちを緩ませていくことに繋がっていきます。

ぜひ、今の思いを聞かせてください(*^^*)

関連リンク

◆ともみのブログ
https://ameblo.jp/ababy-baby/