2020/02/27 2020/02/26

【保護者のお悩み相談室】保育園の頃から行き渋りをしていた息子の気持ちや原因を知りたいです。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『保育園の頃から行き渋りをしていた息子の気持ちや原因を知りたいです。』という悩みを相談してくれた「ちーママ」さんに、相談員「陽」さんから回答をいただきました。

ちーママさんのお悩み

小学2年の男の子です。
保育園の頃から、保育園に行く事を嫌がってました。気に入らない事があるとすぐ怒り、機嫌を損ねると叫んだりと、性格なのかなぁと思ってました。1年生はなんとか行けたのですが、2年の11月ぐらいから、行きたがらなくなりました。理由は教えてくれません。

毎日ゲームばかりで、トイレにやっと行くぐらいしか動きません。動かないから、太りました。

何かしら精神的な障害があるのでは?と最近感じるようになりました。

学校へ行きたがらないのは仕方ないですが、それがなぜなのか?知りたいです。また家から出て遊んで欲しいです、

相談員「陽」の回答

ちーママさま

こんにちは。陽と申します。
現在の心配事、読ませていただきました。精一杯お答えさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

私の次男も、小学2年生から不登校になりました。
小学校低学年での不登校は情報も少なく、何よりもとても切ない気持ちで毎日を過ごしていましたので、ちーママさんも、とてもお子さんのことを心配して過ごしていらっしゃるのではと思います。
お子さんは、保育園の時から登校しぶりがあったんですね。
うちの次男もそうでしたが、大人数や、集団での生活が苦手なのかもしれないですね。

 
さて、ちーママさんは、精神的な疾患があるのでは?とのことですが・・・・。これは発達障害とかの心配をされているのかな、と思いましたので、その前提でお話をさていただきますね。

私の長男は、まさしく発達障害で、自閉症スペクトラムの診断を受けています。
ただ、発達障害と一言で言っても本当にそれぞれで、苦手なことや得意なことなどが個人によって違ってきます。
でも、障害があろうとなかろうと、誰でもそうですよね。^^
では何が「障害」として問題なのかというと・・・・。個人的には、「障害」が問題ではないと思っています。
では何が問題なのかと言うと、何が苦手なのかを理解されにくいことや、「この年齢ならこのくらいは出来る」という暗黙の感覚が通じなくて、日常生活で、少しずつ本人がしんどさを感じてしまうこと。
まさに、「環境」が、見えない壁として立ち塞がった場合に、「障害」になってしまうと思っています。

そして、それは素人判断では、難しいことがしばしばあります。
我が家は、長男も次男も発達のテストを受けましたが、「えっ、こんなこともしんどかったの?!」と思うことが沢山ありました。
そして、どういう対応をすれば良いかも、テストを通して、やっと理解することが出来ました。

そのような経験もあり、私は、お子さんに障害があるのでは?と感じているなら、一度専門家に相談をすることをお勧めしています。
それで、障害があるかどうかではなく、お子さんが何に困難を感じているのかが、新たな視点で分かることがあります。

子供に病気があるかも・・・障害があるかも・・・・。そう思うと、どうしても不安になって、二の足を踏んでしまうことも多いと思うのですが、何があってもお子さん自身は変わりません。
ぜひ、一歩足を踏み出してみてください。

 
そして、学校に行けないのはなぜか分からないとおっしゃっていますが、これ、おそらく本人にも分からないと思うんです。
分からないけど、お子さんは心のエネルギーが底をついている状況なので、今は外に出るエネルギー自体がない状態です。
例えば、風邪を引いて熱がある時に、元気に外で遊ぶことはできませんよね?
心が風邪を引く、とはよく聞く表現ですが、まさにそのような状態だと思います。

体調不良の回復には休養が必要なように、心の回復にも、休養が必要です。
小学2年生のお子さんが、外にも出ず、毎日ゲームをして太っていく状況は、本当に心配ですよね。成長期ですし。><
3年前、次男も全く同じ状況だったので、よく分かります。
でも、子供は本来エネルギーの塊です。
心が元気な状態になれば、止めても自分から活動して、外に出ていくようになりますよ。^^

まだまだ心配事が尽きない場合は、Rizには10人の相談員がいます。メール相談もあることを、心の片隅に置いておいてくださいね。
似たような道を辿った分、少しでもその経験を役立てていただけたら嬉しいです。
◆相談員「陽」について
陽

中学二年生の長男(去年より不登校)と小学四年生の次男(小学一年生より不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用すると陽に個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ