2019/11/16 2019/11/16

【保護者のお悩み相談室】兄の不登校に続いて妹が不登園になりました。なかなか経験談に出会えず、対応に悩んでいます。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『兄の不登校に続いて妹が不登園になりました。なかなか経験談に出会えず、対応に悩んでいます。』という悩みを相談してくれた「そらいろ」さんに、相談員「yuki」さんから回答をいただきました。

そらいろさんのお悩み

こんにちは。
小学校3年生の男の子(2年生からおよそ1年半の不登校)と年中の女の子(この1ヶ月不登園)の母です。

兄は、クラスが変わってストレスも大きい時期に学校で嘔吐して不登校が始まりました。夏前から、ゲームを通してお友だちが時々遊びに来るようになり、体調も整ってきて最近はやっと気持ちも穏やかになってきました。
そして、ちょこちょこ「おれ、学校いけるかも」など言い出しましたが、まだ実際の登校には至っていません。

そんな折、今度は妹が幼稚園に行けなりました。

兄弟共に変わっていこうとしていて、親としては身がひとつで混乱していますが、兄の方はここで焦らず、むしろ慎重に行こうというところかなと思っています。

妹の方は、幼稚園の不登園なのですが、なかなか経験談などにたどり着けなくて先のことが不安です。
このまま長期になって、小学校入学を迎えるともっときついことになるのではないか、なんとかクラスが変わる前に戻れるように短期的に考えた方が良いのかな...

そもそも大勢の環境に馴染めないなら、保育園への転園も考えた方が良いのか...でも、春に間に合うのか???と、混乱しています。

今の幼稚園は、この辺りではのんびりした園で、学区の同じ子も多いので、できれば、馴染みのあるこの園で楽しく過ごせると良いと思っています。

何かご意見いただけると嬉しいです。

相談員「yuki」の回答

そらいろさん。こんにちは。相談員のyukiです。よろしくお願いいたします。

お便り読みました。そらいろさん。大丈夫ですよ。お二人のお子様はきっとまた「いってきます」と玄関を開ける日がきます。

ご長男様に関しては、いい感じで心が落ち着いていますね。今書かれている感じでしたら、そらいろさんが仰っている通り、焦らずに慎重に…でいいですよ^^ゲームを通してお友達もでき、遊びにも来てもらえるなんて。とてもいいじゃないですか^^この状況にできる
まで、そらいろさん頑張りましたね^^

柔軟に対応できているそらいろさんです。妹ちゃんの事はもう少しお話を聞かないと分かりませんが、一過性のものと捉えて大きく心配はいらないと思います。

登園しないという事ですが、どんな感じなのでしょう?朝泣くとか、お母さんから離れないとかでしょうか。

子どもってみんなが幼稚園好きなわけではないですよ。私も嫌いでよく脱走して帰ってきていたものでした。私の娘は毎朝大泣きしてました。

私も娘も、園でトラブルがあったとか、友達から意地悪されたから…なんて理由ではないん
です。小さい子どもには小さいなりに悩みがあります。大きなトラブルでなければ、原因は追究せず、解決はしなくていいので、どうかその心を受け止めてあげてください。

お子様がその園が嫌なのか、お母さんと離れるのが嫌なのかによりますが、そらいろさんからみて安心できる園でしたら、無理に転園せず、相談しながら、泣いてもお預けしてもいいと思います。

うちの場合は高校での不登校でしたが、そらいろさんの心を苦しめている原因の一つに子どもが不登園だなんて「親の責任だ」そんな気持ちありますか?私はこの心で一杯でした。何とかしなければと子どものために動いていましたが全ては私のためでした。子どもって、心が満たされていなければ、どんなに最高の環境を与えても動きません。逆に心が満たされていたら、少し嫌なことがあっても行ってきますと頑張ってくるものでした^^

ご長男様の事も心配ですが、ほんの少し、妹ちゃんとの時間を濃いものにしてみてください。
今でも十分愛していらっしゃると思います。愛するから何とかしてあげたいと思われるんですよね。そのそらいろさんの表情はどうでしょう?笑っていますか?心配そうにしていませんか?

子どもは自分がしていることを親の表情で判断します。泣きわめく子どもを抱いているその顔が困っていたら、泣きながら自分は困っていると思います。もし泣いて抱っこしても「泣いててもかわいいね」そう言ってあげてください。泣いてもいいんだ。泣いてもお母さんは困ってないんだ。泣いてもお母さんは自分を好きなんだ。と安心していきますよ。泣かない様にと考えるのではなく、泣くことを許してあげてくださいね。泣いたままお預けする
時も困った顔をせずに「泣いてもかわいいでしょう。よろしくお願いします」とこの姿もかわいいんです。と子どもを大好きなことを前面に出してくださいね。とっても安心しますから。

子どもは感情の蛇口のコントロールが上手ではありません。悲しい気持ちになった時、泣くことを止められると、悲しい心を出すことはいけないことだと覚えていきます。

子どもが洗面所で水道の蛇口を閉めず水が出しっぱなしの時、ひどく叱ると「止めなければ怒られる」と覚えてしまいます。そうではなくて、日々止めているときに「きちんととめてくれてありがとう」という事が大事です^^そうやって、困った時に対処法を考えるより、困っていないときに褒める方がいいコミュニケーションがとれますよ。おススメです♡

どのような状態で登園渋りをしているのかが分かりませんでしたので、泣く姿で書きましたが、怒ったり暴れたりもそうです^^その姿もかわいいねと言ってあげてくださいね。心が満たされると感情のコントロールを自分でできるようになっていきますから。

子育てって日にち単位ではできません。週単位でも月単位でもなく年単位でもなく、生きている間にできればいいか^^くらいでちょうどいいですよ。

どうぞ心配なさらず、たくさん愛してあげてください。

またご相談くださいね。私たちはそらいろさんの味方です。

未来はくるくるみんなにくるくる
yukiでした
◆相談員「yuki」について
yuki

大学生の息子(高校一年生より不登校)と高校一年生の娘を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとyukiに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ