2019/11/06 2019/11/06

【保護者のお悩み相談室】不登校になってから息子に自閉症スペクトラムの傾向。カウンセリングや精神科に頼ってもいいのでしょうか。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『不登校になってから息子に自閉症スペクトラムの傾向。カウンセリングや精神科に頼ってもいいのでしょうか。』という悩みを相談してくれた「ねこまる」さんに、相談員「陽」さんから回答をいただきました。

ねこまるさんのお悩み

はじめまして よろしくお願いいたします。
小学一年生の息子のことで相談です。
不登校1.5ヶ月目です。

幼稚園時代はわかりませんでしたが、不登校になってから自閉症スペクトラムの傾向があるのかもと思い始めました。(まだ診断はでていません)

場所を考えず大声で怒る、すぐにイライラする、楽しいこと以外はめんどくさがりがひどい、こだわりが増えました。
勉強をとても嫌がるため、自己肯定感をあげるために大好きな工作アトリエや縛りのないフリースクールにたまに通うようにしたり、「学校にはもう行かない」と言ったので「いいよ ニコニコで過ごせる場所で過ごしていこう。」と伝えたりしましたが、相変わらずのイライラや爆発です。

このままの対応でいいのか、精神安定のカウンセリングや精神科などに頼ってもいいのか。。

情緒が安定して自分に合った場所で才能を伸ばしていってほしいと思っています。

相談員「陽」の回答

ねこまるさん、はじめまして。相談員の陽と申します。
小学校1年生のお子さんのことでご相談ですね。

息子さんは学校に行かなくなって1.5ヶ月目とのこと。息子さん自身もねこまるさんも、いちばん混乱していて、しんどい時期だと思います。
そして、私がそうでしたが、小学校低学年の不登校は、またひときわ、切ない気持ちでいっぱいになりませんか?こんな無邪気な時期になんでって。
さらにお子さんもまだ小さい分、本人もとっても混乱していて、それを全部お母さんにぶつけてきますよね。どう受け止めたら良いのかわからなくて、本当に毎日しんどい気持ちでお過ごしではないかなと思います。

さて、うちの長男は、自閉症スペクトラムです。
次男はグレーゾーンです。
ねこまるさんの息子さんが、自閉症スペクトラムなのかどうかは、私には診断することはもちろんできないのですが、ねこまるさんは、息子さんのしんどさや状況を、冷静に受け止めていらっしゃるので、素晴らしいなと思いました。

発達障害は、環境による障害だと、何かで読んだことがあります。
そして、「学校に行かない」ことは、子供にとっては本当に大きなストレスです。
大きなストレスがかかった状態なので、イライラしたり、不安定になったりするのは当然なんです。

そんな混乱期に、保護者の方だけで受け止めて対応するのは、本当に大変だと思います。
迷われているようですが、カウンセリングやクリニック・・・おそらく小児心療内科になると思いますが、頼れるところはぜひ頼ってください!
子育ては、社会でするものです。ねこまるさん、人に頼って良いんですよ。一人で頑張らないでください。


子育てって大変じゃないですか。「これが良い」と言われる方法が自分の子供に合わない場合は特に。
そんな時は、どんどん誰かの手を借りてください。
助けて、って、大きな声で言ってください。
クリニックでも、カウンセリングでも、自治体でも。

私は、長男が小学校の集団生活についていけなくて混乱していた時期、「こんなことで相談してもいいのかな?」と思って、何年も一人で頑張ってしまいました。
結果、長男の特性がわかるまでに時間がかかって、長男を苦しめてしまいました。
お母さんがラクになる方法は、お子さんもラクになる方法です。
気にせず、信頼して頼れるところを見つけてください。^^


そして、息子さんに合う声かけや対応、ねこまるさんの気持ちを吐き出せる場所が見つかれば、息子さんは次第に落ち着いてくると思います。^^
小学1年生なら、まだまだ語彙も少ないですし、自分の気持ちを言葉に表せないもどかしさが、行動として出ている場合もあります。
気持ちの受け止め方や、落ち着ける方法がわかれば、ニコニコを過ごすことができる時間は自然に増えていきますよ。


情緒が落ち着くまでに、正直時間はかかるかもしれません。
でも、月単位で見ていけば、必ず息子さんも落ち着いていくと思います。
ねこまるさんは、息子さんに合う場所をきちんと理解できていらっしゃると思うので、そうなった時に、工作アトリエやフリースクールで、のびのびと才能を伸ばしていくことができると思いますよ。^^

息子さんのためにも、まずはねこまるさんが気持ちを吐き出せる、頼れる場所を探し出してください。
地域によったら親の会もありますし、Rizでもメール相談を受け付けています。
ねこまるさん、子育てって大変ですよね。
大変な子育て、ぜひ色々な人や場所を頼ってくださいね。
◆相談員「陽」について
陽

中学二年生の長男(去年より不登校)と小学四年生の次男(小学一年生より不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用すると陽に個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ