2019/10/20 2019/10/19

【保護者のお悩み相談室】不登校の勉強をして2年間頑張りましたが良くならず。親が変われ、親が楽しく生きろ、もう疲れました。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『不登校の勉強をして2年間頑張りましたが良くならず。親が変われ、親が楽しく生きろ、もう疲れました。』という悩みを相談してくれた「いのまゆ」さんに、相談員「ともみ」さんから回答をいただきました。

いのまゆさんのお悩み

お世話になります。
我が家には中1の娘と中3の息子がいます。

中3息子は、部活の挫折と中学校の先生の高圧的な態度や細かい決まりなどが原因で、中1の3学期から完全不登校になりました。現在はフリースクールにたまに行く程度で遊びに出かけて暮らしております。通信制高校に行くことになりそうです。

中1娘は、兄の影響によるものか小6の2学期から五月雨登校になりました。中学入学後は、文化部ですが厳しい部活に好んで入り、別人のように頑張っていましたが、6月末からたまに休むようになり、2学期からは週1、2日休んでたまに遅刻、そして連休明けから遂に行かなくなりました。
風呂も入らず食事もとらず、家族にも無視。ここまでひどい様子は不登校気味になってからはじめてです。そして、昨日と今日は定期テストでした。少し勉強もしていたようなのに。

娘の性格は、生真面目で穏やかで、友達とはうまくやれるタイプでした。小さい頃からよく問題を起こしていた兄とは全然違います。最近はおしゃれやアイドルに興味があり、部屋で一人でいても楽しくないのではないかと思います。

無理に行かせることはせず、休日は娘の要求に応えることを第一に映画や買い物に付き合って来ました。兄の不登校があったので、娘には兄のようになって欲しくなくて不登校の対応はかなり勉強もして気を遣ってきたつもりですが、この結果です。

兄についても、不登校になって良かったことはひとつもありません。親が変われ、楽しく生きろ、明るく接しろ、子供が一番苦しんでいるんだから諦めずに頑張れ。この2年間、頑張り続けましたが、何もよくなりませんでした。疲れました。

これ以上何をすればいいのか分かりません。

相談員「ともみ」の回答

いのまゆさん はじめまして(^^)
相談員のともみです。
どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

いのまゆさんのお悩みをお話しして下さりありがとうございますm(__)m


息子さんが不登校になり、そのあと娘さんが不登校気味になっている。とのことですね。。

【親が変われ、楽しく生きろ、明るく接しろ、子供が一番苦しんでいるんだから諦めずに頑張れ】

こんな言われ方。。
私もすごく嫌な気持ちになりますよ(-_-)

変わることも楽しむことも頑張ることもまず自分がそうしたいと思わないと無理ですから。。


*********

ご相談内容を読ませていただきました(*^^*)

うちも息子、娘二人不登校の時期がありました。。

二人ともに不登校という状況は本当に気持ちが滅入りますよね。。

いのまゆさんご自身の気持ちが辛い中でも、娘さんとお出掛けしたり、無理はさせないようにと見守ったり、いのまゆさんの思いは娘さんに伝わっていることと思いますよ(^^)

とはいっても、先の見えない日々の積み重ねは本当に胸が苦しいと思います。。


●それぞれの視点で見てみる。

娘さんの不登校は息子さんの影響かも。。とありましたが。。

確かに兄弟姉妹の不登校は価値観の変化だとは思いますが、楽したいから、サボりたいから。。
ということだけではなく

不登校の兄弟姉妹をみて、自分の本当の気持に気付いてしまうということもあると思うんです。

頑張りすぎていたこと
気を使いすぎていたこと

息子さんは幼い頃から問題ばかり起こしていたといのまゆさんは感じられていたんですね。。

一方、娘さんは生真面目で穏やかとのこと。

いのまゆさんからはそう見える息子さんや娘さんの姿でも、息子さん自身が妹さんを、また娘さん自身がお兄ちゃんをどう感じていたのでしょうかね。。

いのまゆさんはそんなつもりはなくても息子さん娘さんともに自分以外への対応の違いを感じることもあるかもしれません。

問題ばかり。。
穏やか。。

というのは親としての一方向な視点である場合があります。。

私も親としての一方向の視点で息子と娘を長い間見ていました。

息子、娘はもちろん行動はお互い影響して合っていますが、そこに母である私の価値観が大きく関わっていることもだんだんわかってきました。

うちも二人とも荒れていた時期があったので、簡単ではありませんでしたが、息子、娘、別々に時間を取って話すことを心掛けました。


●これ以上何をすればいいのか。。

いのまゆさん。不登校についてたくさん学んできたのですね。。

いつ終わるとわかることではないので本当に苦しいですよね。。

これ以上何をすれば。。

と感じている いのまゆさん!

要求に応えたり、気を使うことを一旦やめてみませんか?
一旦というより時々。。

そして、代わりにいのまゆさんがお子さんたちと一緒にやりたいことや楽しみたいことを息子さん、娘さんに提案してみませんか?

いのまゆさん自身がやりたいな。。と思っているものがいいと思うのですが、

何か思い浮かびますか?


●不登校は子育ての途中の出来事のひとつ✨

親としての不登校の対応として書籍やアドバイスはたくさんありますよね。。

でも、不登校は子育ての中の出来事なので、対応とか義務感で子供と関わることは寂しいと思うのです。

ありきたりな言葉ですが、『子供はお母さんの笑顔が好き』というのは本当です(^^)

我が子たちに言われましたし。。
前は顔が怖いときが多かったと(^.^;

何かをしなくちゃ。。
何かをしてあげよう。。

という気持ちより、いのまゆさんが一緒に楽しみたいという気持ちからの関わりはお子さんたちの大きなエネルギーになると思いますよ(*^^*)



なかなか楽しむことが思い浮かばないとき。。

それは

忙しくて『やらなければならないこと』がたくさんあるのかもしれないですね。。

できたら自分のことだけ考える時間を取って、お子さんたちと一緒に楽しみたいことを見つけてみてください♡


なんだか。。
【楽しく生きる、明るく接する】
のようになってしまいましたが。。

誰かのために無理にすることではなく
大切なのは。。
いのまゆさんの気持ちです。

今やっている
【要求に応えること。気を使うこと。】
子供のために。。をちょっとお休みしてみて、いのまゆさんの気持ちを感じる時間を作ってみてください。



Rizではメール相談も受け付けています(*^^*)
お気軽にお問い合わせ下さいね。
◆相談員「ともみ」について
ともみ

通信制高校二年生の長男(中学一年生より不登校)と中学三年生の長女(小学五年生より不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとともみに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ