2019/10/09 2019/10/09

【保護者のお悩み相談室】娘が学校に行けないのは親の育て方のせいだと周りから言われ、自分を責めてしまいます。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『娘が学校に行けないのは親の育て方のせいだと周りから言われ、自分を責めてしまいます。』という悩みを相談してくれた「ゆーりん」さんに、相談員「杏」さんから回答をいただきました。

ゆーりんさんのお悩み

娘は、小学四年生から不登校、摂食障害になりました。
親子で試行錯誤を繰り返したのち、六年生になって、食事はとれるようになり、現在は休みながらもマイペースで登校することができています。

先日義母から電話があり、「学校に行けないのは親のせい、育て方のせいだ」と言われました。義母は高齢ではありますが、元助産師です。私は大変ショックで初めて義母に暴言を吐きました。

当時、受診した先の心理士にも「過干渉だ、放任だったのでは?」などと育て方を責められました。

実親からも「甘やかした?手をかけすぎたのでは…?」と過保護さを指摘されました。

心当たりがあるところは修整しましたが、当時は大変混乱しており、子どもにどんな言葉をかけたら良いのか本当に迷いギクシャクする日々が続きました。

自分では良かれと思い仕事もセーブし、必ず登下校時には家にいるようにしていました。しかし、心理士に「愛情は時間じゃない」と言われたのが本当に辛く心に残ってしまい、未だにトラウマとなって私の心にしこりを残しています。

近所の人たち、学校のママたち、先生、スクールカウンセラー、など周りの人たちは、口には出さないけれど、親の育て方、家庭の問題だ、そういうふうに思っているのだろうな…と、感じてしまいます。そうじゃない、学校が娘にはしんどくて合わなかった、と反論すればするほど、なんだか孤立していくようでした。

罪悪感を抱くことをそろそろやめたいと思いながらも、どこかで自分を責めていたり、周囲の言葉に過敏に反応してしまう自分がいます。

相談員「杏」の回答

はじめまして。
相談員の杏と申します。どうぞよろしくお願い致します。

ゆーりんさん、長〜い長〜い時間でしたね。
一人で、よく耐えられましたね。

ゆーりんさん

『六年生になって、食事はとれるようになり、休みながらもマイペースで登校することができています。』

これこそが、真実なのではないでしょうか。
ここまで娘さんを支えられたのは、ゆーりんさんの溢れる愛以外の何者でもありませんね。味方が誰もいない…と葛藤しながらも、娘さんに寄り添い続けているご自身を、どうぞ誇りに思われてくださいね。

母親とは、枠から外れない子を育てるのではありませんよね。子供にとって母とは、その子が幸せになる子育てをできる人…と、私は思うのです。でも、世のモデルの母親像は、まだまだ前者のイメージだから、外野の声は、厳しいですね。その声が身内から言われると、さらに深くゆーりんさんに突き刺さったことだと、同じ母として胸が痛んで詰まります。

ゆーりんさん。
もう一度、お伝えいたしますね。

『六年生になって、食事はとれるようになり、休みながらもマイペースで登校することができています。』

これが、真実ですよ。
世間が認めてくれなくても、娘さんは応えてくれていますよ。娘さんと歩むゆーりんさんだからできたことなんですよ。

そして、ゆーりんさん。
ゆーりんさんがしてきた子育てに、ゆーりんさんが『これでよかったんだ』って思えると、娘さんも、自分の生き方を肯定して生きていけるんですよ。なぜなら…そのままの娘さんをゆーりんさんが受け入れているから出てくる言葉なんですね。『私は私』と思え始めた娘さんの人生は、無敵な人生の始まりですよ。

ゆーりんさん、罪悪感がどうしても拭えないときは、どうぞママサロンを覗いてくださいね。いろんな想いをして乗り越えてきたママ相談員の経験談に是非、耳を傾けてくださいね。ゆーりんさんと娘さんの『私道』を応援しています。

ママサロン相談員
◆相談員「杏」について
杏

大学生の長男と高校一年生の次男(中学二年の秋〜中学三年の夏まで不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用すると杏に個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ