2019/09/29 2019/09/29

【保護者のお悩み相談室】不登校・引きこもりになってしまった息子になんとか自信をつけさせてあげたいです。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『不登校・引きこもりになってしまった息子になんとか自信をつけさせてあげたいです。』という悩みを相談してくれた「ベートーベン」さんに、相談員「杏」さんから回答をいただきました。

ベートーベンさんのお悩み

中1の一人息子のことで相談させてください。

息子はバレー部です。自分では頑張っているつもりなのに同級生に「下手くそ」とか「やる気あるのか?」と言われ、自信がなく仲の良い友達もいないので、悪口を言われてるとすぐにショックに思ってしまうようです。

夏休みの途中から部活に出れなくなり、なんとか二学期の始業式には出たのですが「ずる休み」と言われ、不登校・引きこもりになってしまいました。

クラスでも自分から友達に話かけれないと言い、居場所がなかったのかなと思います。夏休み明けから学校に行かせようとした時には「俺なんかゴミだ」と言って泣きじゃくっていました。

休みに誘っても外にも出ません。息子に自信をつけたいのですが、親ができることはただ見守ることだけなのでしょうか?

相談員「杏」の回答

ベートーベンさん
はじめまして。
相談員の杏と申します。心を込めて回答させていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

ベートーベンさん、母として悲しく苦しいですね。息子さんには見せれない涙を、流されてきたのではないでしょうか。きっと、学校へ『行かせなくちゃ』という責任感と、息子さんの涙に挟まれどうしていいかわからなくなってしまいましたよね。

私も息子の不登校の時には、『行かなくてもいい』『でも、行けるなら行ったほうがいい?』などと、自分の感情が揺れた時期がありました。

メールを読ませていただいた私が今思う回答は、『行かない時期があってもいい』ということです。

ベートーベンさんの息子さんは、バレー部なのですね。私の息子たちも、中学時代、バレー部だったんですよ。しかも、年は重なっていないのですが、それぞれがバレー部時代に経験したことは、真逆だったんです。長男は、まさに『ハマった』という言葉がぴったりでした。技量が足らないので、チームの足を引っ張った日には、聞かなくてもわかるほどの帰宅後のそんぶりでした。でも、彼は、バレーボールを純粋に好きになっていったんです。だから、何を言われても彼は、バレーができる喜びの方が勝っていたんですね。反対に次男は、バレー部の中で言われること、扱われ方から、自己肯定感は下がり、不登校になっていきました。

お手伝いの必須な部活だったので、私もよく顔を出しておりましたが、息子たちが所属していた部活は、まさに『昭和』でした。指導として使われる罵声一つをとっても、ネガティブな言葉のオンパレード。でも、それを言う顧問や友達に愛がないわけではないんですよね。単に長男の中にあった体育会系の性格が目覚め、ぴったりマッチしたということ。そして次男は、単にもともとの性格がスポ根というわけではなく、ものづくりなど1人の世界を楽しむ性格だっただけなんですよね。だから、部活をやり切った長男が偉くて、不登校になった次男が弱いわけではなく、ただ…向いているものが違かっただけなんですよね。

だから…
ベートーベンさん、息子さんをこんなふうに思えませんか?

*自信がない性格なのではなく、息子さんの良さが発揮される場所が、バレー部ではない…ということ。
*クラスで自分から話しかけられなかったのは、息子さんが声をかけたくなるような子がクラスにいなかった…ということ。

この状況の中で、息子さんは、精一杯頑張っていたのではないでしょうか。もう、少しお休みしたいのではないでしょうか。家という安全地帯で、傷ついた心と体を休めたいのではないでしょうか。

息子さんは、ベートーベンさんに心を見せてくれていますね。ベートーベンさんは、信頼されているお母様ですね。それは、ベートーベンさんの子育てが大成功している証拠なんですよ。

だから、決して、母としてのご自身を責めたりしないでくださいね。むしろ中学生の男の子が素直に気持ちをだせる母であるご自身を、どうぞ誇りに思ってくださいね。ベートーベンさんがご自身に誇りをもって堂々としていくと、必ず息子さんの自己肯定感は上がっていきます。何故なら、その態度は『お母さんが自分のことを信頼してくれている』って息子さんに伝わっていくからですよ。『世界で一人だけでも、自分を信じてくれている人がいる…』この想いは、生きる自信に繋がっていきますよ。

ちなみに、私の高校生になった次男が先日、こんなことを言ったんです。『高校生って、こんなに楽しいものなんだね…』ってね。不登校にも、必ず終わりはあるんですね。

ママサロンの相談員は、みんな現役子育て中です。日常の悩み、不登校が故に起こる現実的な問題等沢山の経験をしてきた10人です。いつでも、何でも、抱え込まずにお聞かせくださいね。ベートーベンさんと息子さんの未来が開かれていくことを、陰ながら応援しております。
◆相談員「杏」について
杏

大学生の長男と高校一年生の次男(中学二年の秋〜中学三年の夏まで不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用すると杏に個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ