2019/09/27 2019/09/26

【保護者のお悩み相談室】不登校の息子に気持ちを聞いても全て「分からない」と答えるので、どうすれば良いのか分かりません。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『不登校の息子に気持ちを聞いても全て「分からない」と答えるので、どうすれば良いのか分かりません。』という悩みを相談してくれた「くり」さんに、相談員「Kun」さんから回答をいただきました。

くりさんのお悩み

中学1年生の息子のことで相談させてください。

息子は4月から学校に行く前にお腹が痛くなるようになり、一学期は遅刻ギリギリの登校。二学期には遅刻をするようになり、とうとう二週間ほど不登校になってしまいました。

最初の一週間は朝から絶不調でトイレと布団の往復でした。顔が青ざめていたので、小児科を受診させました。
結局悪いところは見つからず対処療法で、「もうしばらく行かなくていいよ」と私が言って、私も一緒に居るために仕事を休みました。
そうしたら、顔が青ざめたのは落ち着きました。

お腹が痛いのはまだあるようですが、昼御飯からはよくたべています。
「学校行きたい?」と聞くと行きたいと言いますが、お腹痛いのが困るとのこと。

息子の体調が少し良くなってきているのをみると、私も自分のことや家のことをしたくなってしまいます。
また、息子のことが心配ですが、どのくらい見守っておくのが必要かわかりません。
一旦休ませる決意はしましたが、次に動き出すタイミングがわかりません。

少しの時間でも学校行ってみるのが良いのか。
別の道を探すのが良いのか。
まだ待つのが良いのか。
心療内科へいくのが良いのか。
どのタイミングでそれを息子に伝えたら良いのか。

息子は、私のこのような質問には全て「分からない」といいます。
主人は、「自分は無理にでも連れて行きたくなるので私に任せる」といいます。

私は誰に相談したら良いのでしょうか…?

相談員「Kun」の回答

くりさん
はじめまして。
相談員のKunと申します。
この度は Rizに大切なお悩みをお寄せくださり ありがとうございます。
少しでも 気持ちが和らぎ、解決の糸口が見つけられますよう、心を込めて回答させていただきたいと思います。よろしくお願いします。

中学一年生の息子さん、入学から半年…体の不調を調整しながら 頑張ってきたのですね。
小学校から中学校に上がった時は、さまざまな生活の変化から体調を崩す子が多いです。
『中1ギャップ』という言葉があるほどですから。

息子さんだけに限ったことではありません。
息子さんは 半年間、体が悲鳴をあげる限界まで頑張ったのですね。とても真面目で頑張り屋だということが伝わってきます。
一番辛い時に安心して休むことができ、現在は回復に向かっているのですね(*´˘`*)
くりさんの最初の対応がとても良かったのだと感じます。

私は子育てには「安心できる環境」が一番大切だと思っています。場所だけでなく母であるくりさんが 「安心できる環境」なのですね。それは息子さんにとってとても心強いことです♡

「少し元気になったら 私も自分のこと、家のことをやりたくなってしまう」そうですよね、当然です(^^)
自分のこと、家のこと、気になることは遠慮せずやりましょう♪
自分の気持ちも大切にしてください。

そして、息子さんのことも気になるのも当然です。
でも、動き出すタイミング…わからないですよね。
それは 本人にもわからないんじゃないかな。

くりさんは、すでにたくさんの選択肢を準備できています。
・少しの時間でも学校行ってみるのか
・別の道を探るのか
・まだ待つのか
・心療内科へいくのか
それらをいつでも息子さんに提示できる。
決めるのは 息子さん…それもちゃんと 分かっています。

息子さんの調子の良い時にストレートに聞いてみてはいかがでしょう?
そのタイミングは母の勘で良いと思います。

くりさんは 息子さんが一番辛い時に的確な対応ができる素敵なお母さんです(*´˘`*)
そんなくりさんだからご主人も任せられるのではないでしょうか。
息子さんが質問に答えられない時は 「答えられない心理的身体的状態」だということ…まだ休息が必要なんだと思います。

たくさんの選択肢があること、どれを選んでも 母は認め支えてくれる、ということ、それは息子さんが安心できる材料です。回復材料。
息子さんが元気になれる環境も準備も整っています。
動くタイミング、いつ何を選ぶか…は、息子さん次第です。それを待ちましょう(*´˘`*)

母としては不安もありますよね。
くりさん自身の不安を軽くするために、スクールカウンセラーや民間の相談機関などを利用してみてはいかがでしょうか。身近に相談できる人がいると安心できますよ。

また、Rizでもメール相談を受付けていますので、不安になった時は声をかけてくださいね。
10人の相談員がいつでもすぐに対応します♡
今後もくりさんを応援しています。
この度はありがとうございました。
◆相談員「Kun」について
Kun

高校二年生の長男(中学二年間不登校)と小学六年生の次男(小学五年生より不登校)と長女の3人を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとKunに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ