2019/09/18 2019/09/19

【保護者のお悩み相談室】顧問との関係が原因で長男が不登校。親は口出ししないほうが良いのでしょうか。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『顧問との関係が原因で長男が不登校。親は口出ししないほうが良いのでしょうか。』という悩みを相談してくれた「けんまま」さんに、相談員「Kun」さんから回答をいただきました。

けんままさんのお悩み

14歳の息子について相談させてください。

息子は部活が大好きで、部員達の間では結構上手なほうだと自他共に認められていたようです。
そんなところが鼻に付いたのでしょうか、 顧問からは「新人戦の団体には出さないつもりだ」とはっきり言われたようで、そのショックから学校に行けなくなってしまいました。

親としてはここは乗り越えてほしい山かなとは思うのですが 、学校の中で唯一楽しみにしていた部活動での出来事が、中学校生活全てを真っ暗にしてしまったと言う現実をどう受け止めていいかわかりません。 顧問にも何と言っていいかわかりません。

3人兄弟の長男なので私も初めての体験で、一緒になって悩んでいます。
どうやって元気付けたらよいか悩んでいます。

今はゲームに逃げてしまい昼夜逆転状態になってしまいました。
私と祖父母の言うことにも耳をかさず、助けようにもうまく話せません。

ゲームで崩れた生活リズムからいかに立ち直らせるか、顧問との関係に親が口出ししないほうがいいのか、教えて下さい。

相談員「Kun」の回答

けんままさん
はじめまして。ママサロン相談員のKunです。
この度は Rizに お悩みをお寄せくださりありがとうございます。
心を込めて 回答させていただきたいと思います。
どうぞ よろしくお願いします。

息子さんは、大好きな部活でのトラブルから 学校に行けなくなっているのですね。
自他共に 認められるほど上手で 大好きな部活。
顧問と 何があったのでしょう… 気になりますよね。
この山を乗り越えてほしい…親としては そうも思いますよね。

気になるし 心配だけど…
学校での生活は、親には見えません。
息子さんの心の内も、親には見えません。

私は
『見えない世界は、息子さんのもの』
じゃないかな…と思うんです。

この山を越えてほしい…と 願っても
実際に 越えるのは、息子さん自身です。

「山を越える方法」は
辛いことを我慢して頑張り続けること…
だけでは ありませんよね。
一旦休んで 力を蓄えることも、
人の手を借りて 一緒に越えることも、
「山を越える方法」です。

どんな手段で 山を越えるのか…
それを選ぶのは息子さん自身です(*´˘`*)

息子さんは 今、
山を越える術を 身につけている最中ではないでしょうか。

「見えない世界」は 息子さんのものだから
きっと 本人に 任せて大丈夫だと思いますよ。


✼••┈┈┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈┈┈••✼


けんままさんの言葉からは
“何かしてあげたい”という
母としての優しさが伝わってきます♡

・「どうやって元気付けたらよいか」
・「顧問にも何と言っていいか…」
・「私と祖父母の言うことにもを耳をかさず、助けようにもうまく話せません」

息子さんの思いは どうでしょうか?

「見えない世界」は 息子さんのもの。
そう割り切って
まずは、けんままさん ご自身の気持ちを楽にしましょう(*´˘`*)

これまで ずっと 一心同体で、
息子さんの辛さも 自分のことのように背負い、
自分にできることはないか… と懸命にそばで 支えてきたのではないでしょうか。
けんままさん、ここまで本当によく頑張りましたね。
たくさん頑張った自分を褒め 労ってください♡
息子さんの辛さまで 背負い込まなくても大丈夫。
ちょっと 一息つきましょう(*´˘`*)


親にできることは…
息子さんに 安心を与え寄り添うだけです。


良かれと思うアドバイスや励ましは、
時には 否定されてるようにも感じ、辛さを助長させることもあります。

『力になるよ。味方だよ。
何か できることはある?』

そういう気持ちが伝わるだけで 十分ではないでしょうか。

具体的には…

息子さんが
辛さを吐き出せるなら 『ただ聞く』
何も言わないなら、詮索はせず 『そっとしておく』
顧問と話し合いたい…など 本人からの要求があれば、それに『応じる』

そういう感じでしょうか。

✼••┈┈┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈┈┈┈••✼

・『ゲームでくずれた生活リズムから いかに立ち直らせるか』

ゲームや 生活リズムの乱れは 気になりますよね。

ですが、
辛すぎて 周りをシャットするために
昼夜逆転、ゲームに 向かうことも 多いのです。

逃げに見えるかもしれませんが、
そうやって自分を守っているのかもしれません。
心が 元気になれば、自然に生活は整います(*´˘`*)

余談ですが…
私が大切にしていることは
・食べてる?
・眠れてる?
・体調は?
この3つです(^^)
幼い頃と同じで、この3つに 全てが 表れます。
この3つを 気にかけ愛情を与えることが 親としての役目だと思っています。


けんままさん、
今は 不安な時だと思いますが、息子さんは ちゃんと自分で乗り越える力を持っています。大丈夫。
その力を信じましょう(*´˘`*)

この一回の短い回答で、どれほど伝えられたかは わかりません。もし 不安が続くようなら 継続相談もありますので、また お声かけくださいね。
10人の相談員が いつでも 思いを受け止めます。
これから先も 私達Rizは、けんままさん親子を応援しています。
◆相談員「Kun」について
Kun

高校二年生の長男(中学二年間不登校)と小学六年生の次男(小学五年生より不登校)と長女の3人を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとKunに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ