2019/09/10 2019/09/09

【保護者のお悩み相談室】部活の顧問とのやりとりをきっかけに不登校。子どもにどのように接したら良いでしょうか。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『部活の顧問とのやりとりをきっかけに不登校。子どもにどのように接したら良いでしょうか。』という悩みを相談してくれた「はらぺこあおむし」さんに、相談員「yuki」さんから回答をいただきました。

はらぺこあおむしさんのお悩み

中学一年の子どものことで相談させてください。

部活の顧問とのやりとりをひとつのきっかけに、六月から不登校です。

現在の状況としては、学校に行ったり行かなかったり遅刻したりの日々です
勉強はまったくしません。

野球部に所属しているため送迎当番や試合があるのに、退部はしません。しかし、部活にはいきません。

このような状況で子どもにどのように接したら良いのかわからなくて悩んでいます。

相談員「yuki」の回答

はらぺこあおむしさん。
こんばんは。

この絵本はお子様が好きだったのでしょうか。それともお母様がお好きですか?うちにも一冊ありますよ♡まだまだ蝶にはならず、はらぺこの子どもたちの母^^相談員のyukiです。よろしくお願いいたします。

はらぺこあおむしさん。
うちの息子もね…野球をしていました。お子様は小学生の時から野球をしていたのでしょうか?それともお友達や先輩の勧誘で中学から始められたのでしょうか。

きっと「やるぞ!頑張るぞ!」とワクワクそしてドキドキで入部したのでしょうね。中学一年生はほんの数ヶ月前まで小学生。それなのに急に大人扱いされて、小学校では許されていたことも中学になると怒られたり…子供自身も戸惑う時期だと思います。

子供の部活と言えど、親も大変ですもんね…。送迎や試合などお当番もいっぱいです。お子様は顧問の先生とのやりとりがひとつのきっかけで、部活に行っていないのですね。

部活を辞めたいのか辞めたくないのか、それとも辞めにくいのか…理由は分かりませんが、「休部」という扱いはお子様の中学ではありませんか?急に辞めると先輩や友達との関係が崩れるかもしれませんし。

どうしたらいいのかお子様本人にも分からないときは、どのくらい野球がしたいかを数字にしていくといいですよ。漠然とどうする?と聞くより、100%のうちどのくらい?とはっきりさせることで、自分が気付く時もあります。例えば、友達と野球はしたいけど部活は行きたくない。だったら、次は、【部活は行きたくない】と【野球をやりたい】【友達とは離れたくない】など心に引っかかっている事を100%でどの位ずつ心が占めているかを考えてみるようなそんな感じです。

なんでも0か100じゃなくてもよくて^^51%以上の方に事を進めていくといいですよ。

中学生活の中では、友達とけんかして部活をやめていく子や練習についていけなくて辞める子もたくさんいます。極端な話、野球がしたいならクラブチームもあります^^学校で合わなくて…とチームを変わる子も多いですよ。それに人数が少ないチームならすごく歓迎されますし^^

お子様が学校の部活に戻りたいようでしたら、お母様は大変ですがチームに関わっていたほうが戻りやすいかもしれません。

お子様は行かなくてもお当番をしたり、差し入れをしたりお母様がつないでおくのも一つの方法です。それはお子様と話して決めてくださいね^^お子様が嫌がるかもしれませんので。

秋の大会が終わると、冬は試合もありません。走り込みや体力アップの時期です。その間の方が戻りやすい様に思います。

部活、学校、自宅での様子、勉強と全部まとめて考えるとどうしていいか分からなくなります。お母様自身も今何に困っているのか一つ一つ書き出してみると100%のうち何が一番の悩みかはっきりするかもしれません。そこからまた一つずつ解決方法を考えてみてはいかがでしょうか。

また分からなくなった時は、不登校ママサロンには私を含め10人の相談員がいます。一対一でメールの対応もしています。お一人で悩まずにどうぞご相談くださいね。

未来はくるくる
みんなにくるくる
yukiでした
◆相談員「yuki」について
yuki

大学生の息子(高校一年生より不登校)と高校一年生の娘を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとyukiに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ