2019/09/07 2019/09/06

【保護者のお悩み相談室】不登校の娘と、なんとか登校している息子がいます。どうしても比較してしまいしんどいです。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『不登校の娘と、なんとか登校している息子がいます。どうしても比較してしまいしんどいです。』という悩みを相談してくれた「れお」さんに、相談員「ともみ」さんから回答をいただきました。

れおさんのお悩み

小学3年生の夏休み明け、娘が突然学校に行けなくなりました。

1学期は皆勤でした。その後、保健室登校を始めるも養護教諭とちょっとしたトラブルがあり行けなくなりました。
その後、「母子登校で別室で給食を友達と食べ、母が別室待機していれば授業を受けて給食を食べる」というように短時間ですが教室に入れるようになりました。

もともとの理由は厳しい給食指導と夏休み直前に上級生からいじめを受けたことです。

春になり進級し、弟が入学しました。
娘はそれから1度も校内に入っていません。
適応教室に通い始めたものの、母が別室待機しなければ行けません。

弟は「学校には行きたいけどお姉ちゃんと一緒がいい」と朝泣きます。それでもなんとか登校している状態です。

現在仕事は職場に理解をいただき、短時間にさせてもらっています。

別室待機で身動きが取れなかったり、息子の気持ちを考えたりしてしまうと、娘がかわいいと思えなくなるときがあり冷たく接してしまいます。

ダメだと思うのですがどうしても息子と比較してしまい、しんどいです。

相談員「ともみ」の回答

れおさん。はじめまして(*^^*)
相談員のともみです。
よろしくお願いいたします。

ご相談を寄せていただきありがとうございますm(__)m

ご相談内容を読ませていただきました。
れおさんの一番のお悩みと感じたことは。。

●娘さんと息子さんを比較してしまうれおさん自身の気持ちについて

でしょうかね。

これはとても苦しいです。。

 
れおさんは娘さんの気持ちに寄り添い、少しづつ教室に入れるようになったところ、息子さんの気持ちが溢れてしまいどうしたらいいのか。。ということかと思います。

まず、娘さんはお母さんがすぐに気持ちに寄り添ってくれたことで、とっても安心していると思いますよ(^^)

そして、そんな姿を近くで見ていて息子さんとしては『羨ましい、ズルい、自分だって』と言葉にはならない思いがあっての行動なのだと思いますが。。

二人ともがお母さんのことを大好きだからこその思いとはわかっていても、これは苦しいですよね。。

 
●親だとしても解決出来ない。

れおさんは娘さんの気持ち、息子さんの気持ち、両方に寄り添い、応えたいとの思いから苦しいのだと思います。

まだ、小学生だし、わかってあげたいですもんね。

でも、親も無理なことがあるんです。身体はひとつだし。

親がひとりでは解決できないとき、子どもたちを信頼して聞いてみるというのもあるかと思うのですが。。

そうなると。。

『だったら学校行かない』とか『今日はひとりで大丈夫』とか、どんな言葉が出てくるのか実際にはわかりません。

どうなるのかわからない。。
すごく怖いですよね。。

でも、いくら小学生とはいえ、自分自身の気持ちがあり、親の思いの通りにはならず。。

まずは娘さん、息子さんを信頼して、一緒に悩んでみるというのはいかがでしょうか?

 
●聞いてもらえることで自分で考える力になる。

つい、子供だから親としてどうにか解決してあげたい。思いに応えたい。と考えてしまいますが、どうにもこうにもならないとき

『どうしたらいいと思う?』

と聞かれてはじめて子供自身も本当の自分の気持ちを振り返り考えることが出来るようになるのかもしれないな。。と思っています。

なるべく学校に行ってほしい。。という思いの中でなかなかそういった接し方は難しいとは思いますが、新しい親子の関係になっていくきっかけになるかもしれません。。

ひとつの方法として心に留めていただけたらと思います(^^)

 
Rizには相談員が10人います。

日々の気持ちの整理のお手伝いが出来たら。。と思っております(^^)
◆相談員「ともみ」について
ともみ

通信制高校二年生の長男(中学一年生より不登校)と中学三年生の長女(小学五年生より不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとともみに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ