2019/08/24 2019/08/24

【保護者のお悩み相談室】不登校中の息子が進学のため転居を希望。転居のメリット・デメリットを教えてほしいです。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『不登校中の息子が進学のため転居を希望。転居のメリット・デメリットを教えてほしいです。』という悩みを相談してくれた「cinnach」さんに、相談員「yuki」さんから回答をいただきました。

cinnachさんのお悩み

はじめまして。いつもブログを拝見しています。
高校受験を控えた長男についての相談です。

中1の夏休み明けから行きしぶりが始まり、現在では別室登校や適応指導教室を利用しながら、登校日数を稼ぐため学校へ行っているような状態です。

勉強はほとんどしていませんが、高校へ進学したいという希望はあり、学校説明会にも参加して学校探しをしているところです。

進学先は、現在住んでいる田舎町の私立校や定時制高校ではなく、遠くの学校へ行きたいという本人の希望から、転居も視野に入れて学校探しをしています。

私と夫は元々住んだ経験のある土地を今候補に挙げていますが、子供達にとっては生まれ育った町とは大きくかけ離れた環境にある学校へ行くことになるので、次男も公立高ではなく、私立中学を受験することになりそうです。

このように環境を一新するうえで、メリットと、気をつけるべきデメリットはどのような点が挙げられるでしょうか?
アドバイスをお願いします。

相談員「yuki」の回答

cinnachさん。こんにちは。相談員のyukiです。よろしくお願いします。

お子様の進路に合わせ、転居するメリットとデメリットについてのご相談ですね。
我が家は転勤族で、また心を痛めたのが同じ男の子。なんだか身近に感じお返事のご担当をさせていただきました。

中学一年生からの行き渋り、現在は先を見たうえで、自分なりに学校と向き合い。

はじめて学校を拒んだ日から今日を迎えるまで、お子様はもちろんですが、cinnachさんの笑顔で前を向こうとする強さが感じられます。本当に頑張っていらっしゃいますね。そしてお子様の為にと同じペースで同じ方向を向いて、協力的で理解のあるご家族ですね。お子様はきっと心強いでしょう。

 
●転居のメリット

この転居はご長男様が自ら望んだことでしたら、そのことを受け入れられたご家族の存在そのものが前を向く力になります。今回の一番のメリットは、苦手な場所に無理して合わせる生き方ではなくて、自分が合う場所を探していい(道は変えていい)とお子様自身が分かることです。

多くの子供達は『今の学校に戻れない』こと、そしてお母様は『今の学校に戻す』ために悩み苦しみます。ただ、我が家は転勤族でしたので、子供たちも、『引っ越し』という選択肢を自然に持っています。これは逃げればいいというものではなく、住む場所はここだけじゃないと幼いころから知っているからの様です。

数年ごとに引っ越してきたうちの子達には幼馴染もいなければ、『まぁ!〇○君大きくなったね!』と幼い頃を知る近所のおばちゃんもいませんが、子供たちは困らずのびのびと過ごしていますよ^^

 
●転居のデメリット

高校入学のタイミングでの転居は、学校に知り合いが全くいません。それを望んでの転居かと思いますが、全くいないのも実は心細いです。

同じ中学からの友達や中学時代の部活動を通して、すでにSNSなどでグループができている場合があります。(息子はそれを経験しました。入学式後、教室に入ったら、もう各グループで話が盛り上がっていて、たった一人なのは自分だけで戸惑ったと言っていました。その後部活やクラスのSNSのグループに招待された様です)

心機一転を覚悟の上でも最初の一歩は勇気がいるかもしれません。親同士の付き合いもなくなるので煩わしさはなくなる反面、知り合いがいないので全く学校の様子が分からなくなる面もありました。

お子様もたった一人で高校へ向かいます。不安が顔をのぞかせるかもしれません。だからこそ、変わらずご家族仲良くお過ごしいただければと思います。cinnachさんのご家族様は大丈夫ですね♡

 
●ご次男様のケアを忘れずに

一緒に引っ越すことになるご次男様のご様子はいかがですか?ご次男様もこれから思春期に差し掛かります。

転居先の学校で嫌なことがあった時『僕は引っ越したくなかったんだ』とつい口にするかもしれません。またその言葉でご長男様が心を痛められません様、日頃からご次男様にも十分目をかけられてくださいね^^

うちは息子が家で過ごしていた時は、息子のいない場所で下の子に『変わらずお兄ちゃんを好きでいてくれてありがとう』『助けてくれてありがとう』などお礼をいつも言いました。下の子だけど頼りにしてるよ!心強いよ!と感謝を伝えることで、下の子なりに協力をしてくれ実際随分頼りになりましたよ。

ご次男様にもちゃんとあなたも見てるよ。同じように大事だよと言葉でちゃんと知らせてあげてくださいね。

 
学校と距離をとった理由やこれから視野に入れている学校の事がわかりませんので、望んでいたお答えと違ったかもしれません。そして転居先で何がおこるかも誰にも分からないです。だけど子どもって、なにがあっても家族が理解して、味方でいてくれることが一番の力になります。

だからご家族で転居を考えているその姿こそがcinnachさんのお子様には最高のメリットです。

笑顔で素敵な春を迎えてください♡

不登校ママサロンには私を含め10人の相談員がいます。一対一でのメールのやり取りでご対応しています。お一人で悩まずにどうぞご相談くださいね。

未来はくるくる
みんなにくるくる
yukiでした
◆相談員「yuki」について
yuki

大学生の息子(高校一年生より不登校)と高校一年生の娘を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとyukiに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ