2019/06/14 2019/06/14

【保護者のお悩み相談室】学校に行くべきという考えの義父母に、不登校の子供の気持ちを尊重してもらいたいです。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『学校に行くべきという考えの義父母に、不登校の子供の気持ちを尊重してもらいたいです。』という悩みを相談してくれた「メロン」さんに、相談員「yuki」さんから回答をいただきました。

メロンさんのお悩み

子どもが中学2年生の終わり頃から学校に行かなくなりました。

原因は話したくないと言っていますが、教室に行くと胸がドキドキしてしまったり、お友達にどう思われてるか気にしたりしている様子です。保健室登校も行けない状況で、最近は自分の髪の毛を沢山抜いてしまいます。

同居している義理の両親からは「甘やかさず無理矢理学校へ連れて行くべきだ」と、毎日のように学校へ行かせる為にあーしろこーしろと言われます。

私は学習の遅れや来年高校へは通えるのかどうしても考えてはしまいますが、子どもの身体も心配ですし、行かないと言う子どもの決めた考えを受け止めてあげたいとも思います。

甘やかして休ませているつもりはない事を、普通と違う事を恥ずかしいと思う義理の両親に理解してもらうにはどうしたらよいのでしょうか?

相談員「yuki」の回答

メロンさん。
はじめまして。
相談員の yuki です。
よろしくお願いいたします。

ご相談読みました。
とってもわかります!
そして…とっても
難しいですね…。

私は同居こそしていないのですが
近くに住む母に
メロンさん同様
随分悩みました。

メロンさんは
ご同居で、ご主人様側の
ご両親…。
更に…悩みますよね。

本当はお子様のために
「娘の事は私達夫婦で
考えていきますので
義父さん、義母さんは
見守ってもらえませんか」と
お伝えできたらいいのですが…。

ご主人様との関係や
メロンさんのご両親様との
関係なども絡み…まるで
糸が何重にも絡むように
簡単にいかなくて…。

義理のご両親様に
なかなか自分の気持ちを
ぶつけることは
難しいですよね。

そんな中で
メロンさんがしっかり
お子様の味方であることが
とても伝わってきました^^♡

頑張ってますね♡
ロンさんがお子様の
味方でいてくれていること…
お子様はとても心強いと
思います。

ひとつ気になる症状が…
髪の毛を抜いている…と
ありました。

心の SOS として
その症状が現れることがあります。

※主人の転勤で
転校した時に
娘に一時その症状が
でました。
心からくる症状だと思い
思春期外来を受診しました。

※不登校になったのは息子
髪の毛を抜いたのは娘です。
髪の毛を抜く行為は
心を痛めた
10 代の女の子に多いそうです。

メロンさん。お子様が
受診がまだでしたら
一度安心するために
病院に行くことも
ご主人様と話されて
選択肢にいれてみて
くださいね。

別の症状ですが
息子が不登校になった時は
心療内科を受診しました。

病院をすすめている
わけではありませんが…

病院に行ったことで、母に
「息子が学校に行かないのは
甘えじゃないから。
息子を治すために
学校に行くようにと
言わない様に。
ストレスを与えない様に
病院の先生に言われたから
理解して温かく見守って
協力してほしい」と
ちょっと強めにお願いしました。

私たちの親世代は
なかなか不登校に理解を
示してくれません。

理解してもらえるのは
難しいと思います。

だけど、逆に
病院の先生のいう事は
「絶対」だと思っている
ところも強いように感じます。
(うちの親だけかしら^^?)

だから、病院の先生に
言われたんです!と
協力を求めてみるのも
一つの方法ではないかと思います。

その際には、お子様に
「おじいちゃん、おばあちゃんに
病院に行った事を話して
分かってもらえるように
お願いしてみるね。」と

必ずお子様の味方であることと
病院には行ったけど
お子様は病気じゃなくて
必ず元気になれることを
伝えてあげてほしいと
思います。

今回は
義理のご両親様への
対応のお返事をさせていただきました。

状況や環境で
できる、できないは
必ずあると思います。

こんな考えもあるんだなと
なにかのヒントになれたらと
思います♡

メロンさん。
義理のご両親様とのこと、
すぐにはうまくいかなくても

お子様にとって
メロンさんが
味方であってくれることが
一番 【嬉しいこと】です♡♡

だから…メロンさん。
娘さんは大丈夫♡
だってメロンさんが
ついているから♡

ご無理なさらず
また少し寄りかかりたいときには
ママサロンへ
お便りくださいね。

 
未来はくるくる
みんなにくるくる
yuki でした
◆相談員「yuki」について
yuki

大学生の息子(高校一年生より不登校)と高校一年生の娘を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとyukiに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ