2019/05/20 2019/05/20

【保護者のお悩み相談室】小学5年の息子が発達障害で不登校です。どうしたらいいのか分からず悩んでいます。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『小学5年の息子が発達障害で不登校です。どうしたらいいのか分からず悩んでいます。』という悩みを相談してくれた「さとっち」さんに、相談員「りょう育ママ」さんから回答をいただきました。

さとっちさんのお悩み

こんにちは!
小学5年の息子が発達障害で不登校です。
小学校3年生から不登校になり、家では、寝てるかゲーム、YouTubeばかり見ています。

週に一回、支援学級に通うのも最近嫌がります。緊張しやすくすぐ不安になってしまうみたいです。

どうしたらいいのか分からず、色々調べたり、Rizさんの相談内容や相談委員さん達のメッセージを見て勇気をもらいました。
自分だけではないのだと思いました。

このままでいいのか悩んでます。
何かアドバイスいただけたらありがたいです。

相談員「りょう育ママ」の回答

さとっちさんへ

こんにちは
相談員のりょう育ママです
今回、ご相談くださり誠にありがとうございます
心をこめて回答させていただきます

息子さんは
「緊張しやすくすぐ不安になってしまう」
のですよね?

それが、正解だと思います
お外が不安なのかもしれません
逆に言えば
息子さんにとって、おうちが【安全基地】になっているのかな?と思われます

さとっちさんが、息子さんにとっておうちを居心地よく整えておられるからだと思います
これは、すごいことです!

家では…ということから
お部屋にこもりっぱなしではないように見受けられます

そして、さとっちさんがなにもせず手をこまねいているわけでもなく
情報をもさくしていることも…想像できました

自分だけ…では、ないのです
実は、不登校である小・中学生の数は全国で133,683人
います
(平成28年度文科省資料より)

これが「現実」です
なにができるか…
「正解」は、わたしにもわかりません

わたしなら…のお答えをさせていただきます

①朝は、太陽光をあびる
毎日おなじ時間にカーテンをあけるでも良いと思います
体内時計がくるわないようにするためです

②刺激が少ないものに集中させる
発達凸凹ちゃんは、刺激をもとめる子もいます
YouTubeやテレビ、ゲームは刺激のかたまりです
脳が刺激を受けっぱなしだとしんどいので…
お休みタイムとして、ボードゲームはいかがでしょうか?
カードゲームでもいろいろと面白いものがあります
大人が真剣に遊んでいる姿を見せれば意外とのってきますよ
オススメのボードゲームは、blogでも紹介しています
わたしもハマりました。

さとっちさんが、
かんたん!
これならできそう!
というものから【いっぽ】はじめてみてくださいね

みんな そのまま それでいい
りょう育ママでした
ありがとうございました
◆相談員「りょう育ママ」について
りょう育ママ

発達障害の3人のお子さん(小学五年生・小学三年生・幼稚園生)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとりょう育ママに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

不登校生&保護者向けの情報をLINEで入手しよう♪

RizのLINEに無料登録すると不登校生やその保護者の方に向けた情報が届きます。不登校生の方はLINE上で個別相談(無料)も可能!いつでも参加・退会できるので、下記のリンクより気軽にご登録ください。

RizのLINEに無料登録する
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ