2019/05/01 2019/04/30

【保護者のお悩み相談室】ハードな生活で疲れ切ってしまった中3の娘。今の時期の対処法を教えてほしいです。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『ハードな生活で疲れ切ってしまった中3の娘。今の時期の対処法を教えてほしいです。』という悩みを相談してくれた「れんげ」さんに、相談員「杏」さんから回答をいただきました。

れんげさんのお悩み

現在中学3年生の娘のことで相談させてください。
中2の5月から不登校気味になり、9月からは完全に不登校です。

きっかけは、部活を体調不良によりやむを得ず退部(円満退部)した事や、勉強にもついていけない事などです。自分で希望した塾にも通い頑張ろうとしていましたが、娘にとってはハードな生活で疲れきってしまった様です。
気質(HSC)もあり学校生活はきつかった様ですね。

家での様子は、学校以外で何かやりたい事があれば応援したいのですが、今は見つからない様でゴロゴロ携帯ばかりです。昼夜逆転とまでは
いきませんが、深夜二時頃に寝てお昼まで寝ている状況になってきています。ダイエットが気になっています。が、動くのは嫌だからゴロゴロです。

中3の自覚もあり、悩んでもいる様です。
通信にいくとはたまに言いますが、こちらから少しでも話をするとまだ話はしたくない聞きたくはない様です。
まだ、進路を考えるのは娘には早いでしょうか?

私としては、フリースクール等を考えています。
とにかく、少しでも家から出る習慣ができれば、のちに、通信教育にいければなど。私だけ考えている状況です。
今は、まだ何も言わず見守る事がよいのでしょうか?

友達は、現状、二人位とは話せる関係です。
今は、修学旅行に行きたいけどいけないと悩んでる状況です。
とても優しく気を使う子で、友達からは「なんで○○が?」と当初はいわれる位でした。

本人は、大袈裟に言えば演じていた部分もあったんだなと後になりわかりました。
親として、今の時期の対処法がわからずアドバイス頂けたらと思います。

相談員「杏」の回答

れんげさん、はじめまして。
相談員の杏です。私は、中学3年生の夏休み明けから不登校になりました。私の経験も交えながら、精一杯お答えさせていただきますね。

れんげさん。
れんげさんから届いたコラムへの文章は、娘さんを想う愛で溢れていました。同じ母親として、とても胸が一杯になりましたよ。

*ハードな生活なようで疲れきってしまった様
*気質(HSC)もあり学校生活はきつかった様
*やりたいことが、みつからない様
*ダイエットが気になっている
*中3の自覚もあり、悩んでもいる様
*演じていた部分もあったんだな…

れんげさんは、娘さんの心の機微を、こんなにもわかって認めてあげているお母さん、素敵ですね。書いてくださった他にも、日々の中で、汲んできたことが沢山あるのではないでしょうか。

日々の中で「なんで◯◯が?」って言われるほど…娘さんは、頑張ってきたんですよね…。
娘さんが演じた仮面は、いくつあったのでしょうね…。

れんげさんが、静かに見守ることで、娘さんは、今、その仮面を1枚…1枚…脱ぐことができているのではないでしょうか?

そして…
友達の2人ぐらいとは話している…
これってすごいことですよね。

私は、不登校になった時、仲が良かった友達が、一人一人去っていった経験があります。でも、一人だけ、ずっと遠くから、私を待っていた友達がいたんです。そのたった一人の友達の存在に気付いた時に、私は、もう一度、社会に戻ってみよう…と思えたんです。

そして、不登校から高校を辞めていた私は、大検を受け、大学・大学院へと進学し、結婚し、子供もいます。今は、御縁あって、ママサロンで相談員もさせていただいております。

文科省の委託調査の予後調査によると、中3時点で完全不登校だった子は、5年後に8割社会復帰している…というデータがあります。不登校=社会に戻れない…では、ないのです。

だから…
れんげさん。未来への不安を数えなくても大丈夫ですよ。今は、『娘さんの好き』を一緒に探していかれたらどうでしょうか?

演じなくてもいい素の娘さんは、何が好きだったのでしょう…。『好きなこと』は、私たち人間を元気にする力があります。そして、頑張る力も与えてくれます。そして、未来を照らす、希望の光にもなるのです。

れんげさん。
娘さんだけではなく、れんげさんも、どうぞ『好きなこと』をされていってくださいね。
そして、お互いの『好き』なことを会話のきっかけにされてみるのはどうでしょうか?

ママサロンには、10人の相談員がおります。10人の経験から、れんげさんの今の過ごし方のヒントとなるものもあると思います。どうぞ不安や心配が過った時には、是非ママサロンへお越しくださいね。れんげさんは、一人じゃないんですよ。
◆相談員「杏」について
杏

大学生の長男と高校一年生の次男(中学二年の秋〜中学三年の夏まで不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用すると杏に個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ