2019/04/19 2019/04/18

【保護者のお悩み相談室】がんばり屋の娘が始業式から休んでいます。母としてどう接したら良いでしょうか?

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『がんばり屋の娘が始業式から休んでいます。母としてどう接したら良いでしょうか?』という悩みを相談してくれた「おかぽん」さんに、相談員「陽」さんから回答をいただきました。

おかぽんさんのお悩み

お世話になります。
中学3年の娘が始業式から学校に行っていません。1週間になります。

元々優等生で、がんばり屋でしたが、自分のキャパ以上に頑張りすぎたようです。

ちょっとレベルの高い進学塾に希望して入り、
膨大な課題を毎日夜中2時過ぎまでこなし、他に学級委員の仕事、部活と、眠れない毎日であったようです。それでも塾は楽しかったらしく、必死でしたが続けていました。

春休みにたちの悪い食中毒になり、ほとんど寝て過ごし塾も行けず、完全に心折れてしまったようです。
ちょうど新学期でクラス替えもあり、新しいクラスに行きたくないと、始業式から休んでいます。新しいクラスの名簿を見て、自分の仲良しがいなく、更に落ち込んでしまいました。

学校の先生が、訪問してくれたり、多少の知り合いから連絡ありますが、短い受け答えだけで心閉ざしたままです。

私は母として、どうやって娘と接したら良いでしょうか?
娘はユーチューブ、私はテレビをみて話をしていません。
今まで主人2人と娘に寄り添うように色々接しましたが、私が心折れそうです。
どうか、私が元気になれるように娘と穏やかに接する事が出来るようにアドバイスお願いします。

相談員「陽」の回答

おかぽんさん

こんにちは。相談員の陽と申します。
精一杯回答させていただきますので、よろしくお願いいたします。

ご相談の内容から、娘さんの真面目さ、そしてとても頑張りやさんであることが伝わってきました。
まだ中学生なのに、毎日夜中2時までの家庭学習、さらに学級委員や部活動・・・。
大人でもなかなか、そこまでの努力はできないです!!すごい!!
おそらく先生やお友達からも、頼りにされている存在なのではないでしょうか。

さて、私は、人生はマラソンのようなものだと思っています。
娘さんは、そのマラソンを、全力疾走していたんですね。
もちろん悪いことではないですが、全力疾走って長くはできないですよね。
歩いたり、時には走ったり、休んだりしながら、長い距離を進んで行くものです。

ここで、少し私の話をさせてください。実は私自身が「人生マラソン」を全力疾走していました。
そういう人間って、頑張ることが普通のことで、それどころか、「他の人も頑張ってるから、これくらいで満足しちゃだめだ!」と、自分を追い詰めがちなところがあります。
結局私はそうやって、自分でも気がつかないうちにオーバーワークになり、体を壊してしまいました。
休んでいても罪悪感でなかなか心が休めず、不思議なことに、心が休めていないと、体の回復にも時間がかかりました。
ただそのうち、自分の「頑張りすぎる」性格に気が付いて、「頑張って休むこと」と、「自分は頑張っていると認めること」を意識するようになりました。

そんな私の息子も、やっぱり頑張りすぎてしまう子です。^^;
自分では嫌だったことを頑張り続けてしまい、心が折れてしまいました。

さて、母として、そんな時にどうやって接するか・・・ですけど。

心のパワーが落ちている時にもいろんな段階があって、それに合わせた対応が必要だと思うので、ずばり今はこうだ!!と、簡単に断言はできません。

ただ、おかぽんさんが心が折れそうになってしまっている・・・。
そうですよね。そんな辛そうな状況の娘さんを見るだけでも辛いですものね。
私もそうだったからよくわかります。
寄り添って寄り添って、子供の心を受け止めて・・・。そうしていたら自分の心にも限界がきて・・・。

でもそんな状況にも、娘さんはきっと気付いていると思います。
びっくりするくらい敏感な子っているんです。
そしてなおさら自分を責めて、追い詰めちゃっているかもしれません。
少なくともうちの息子はそうでした。
そんな状況だと、共倒れになってしまいかねないので、これはやばい!と私も思いまして・・・。

その時私がやったことは、
自分の軸を意識して、息子に引きずられないようにすること。
息子は大丈夫だと、とにかく信じ続けること。
自分の気持ちを保つために、趣味を楽しむこと。
この3つを意識しました。

すると、次第に自分の心の保ち方も上手になってきて、心が折れそうになった時はどうしたらいいかもわかってきました。
少しずつですが、息子も元気になってきています。
今は、腫れ物に接するようではなく、普通に息子と接しています。
プラス、自分自身の頑張りすぎる性格とも、うまく付き合えるようになってきてます。

時間はかかるかもしれません。
だからこそ、まずはおかぽんさんご自身が頑張りすぎないでくださいね。
おかぽんさんご自身が、休む方法、リラックスする方法を見つけられたら、娘さんも自然と学んでいきますよ。
穏やかな気持ちになれない日は、「今日はしんどい日!!」と宣言するのも一つの方法です。
だって、母親だって人間ですもん。いつもいつも穏やかな心で・・・・なんて、かなり難しいことですから。

普段、娘さんは1日ユーチューブを見ているということでしたが・・・。
娘さんの部屋で、1人で見ていますか?それともリビングなどで見てますか?
食事は家族ととりますか?
話しかけたら、返事は返ってきますか?

もし、部屋に閉じこもっている状態なら・・・。
今はそっとしておいてほしいのかもしれませんね。^^
心も体も、休んだ分はきちんと元気になります。ゆっくり、ゆっくりと。
娘さんを信じて、今は、おかぽんさんが、ご自分の気分転換を見つけることに集中してみてください。

同じような立場の方や、経験者の方の話を聞くこともおすすめですよ。
もしまだまだ不安があるなら、その不安を吐き出せる場所を見つけてくださいね。
Rizがそのひとつになったら、とても嬉しいなと思います。^^
◆相談員「陽」について
陽

中学二年生の長男(去年より不登校)と小学四年生の次男(小学一年生より不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用すると陽に個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ