2019/04/17 2019/04/15

【保護者のお悩み相談室】不登校を経て通信制の高校に編入した息子。今も毎日は行けていない状態です。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『不登校を経て通信制の高校に編入した息子。今も毎日は行けていない状態です。』という悩みを相談してくれた「おかめ」さんに、相談員「yuki」さんから回答をいただきました。

おかめさんのお悩み

こんにちは。
息子は高校1年生の10月頃から腹痛が始まり、11月から不登校になりました。
2月に留年が決まるギリギリになって「通信に変える」と言い、今は通信制の高校に編入し、勉強もするフリースクールに行ってます。

不登校になった原因はハッキリせず、イライラしたと言ってます。
2カ月たった今も夜型で、フリースクールに昼からの登校しか出来ず、毎日は行けてない状態です。送り迎えもしています。

自分では調子はだんだん良くなってるとはいいますが、家ではゲームばかりしてます。休んだ日も元気にゲームはしてます。私もそれで充電出来るならと思ってやらせていますが…対応は間違ってないでしょうか?
本当に良くなってるのでしょうか…

無理しているのなら休学してゲームをたくさんして充電するのはどうか?と聞いてみると「それは嫌だ!」と話します。行ける日は行きたい気持ちがあると言います。

この状態ですが、息子に任せるしかないでしょうか?
だんだん朝から行けるようになりますか?
回復期の試行期に入ってますか?

家では安定しています。
行くか行かないか分からない毎日で、送り迎えがしんどいと感じてしまう自分がいます。

相談員「yuki」の回答

こんにちは。
相談員のyukiです。
よろしくお願いいたします。

ご自宅で亀さんを飼っていらっしゃるのでしょうか。
かわいらしいニックネームに頬がゆるみました。

おかめさん。
お心をお話下さってありがとうございました。
今のお子様の状態が回復期の試行期と
呼ぶものかは私にはわかりません。
ただ状態として悪くないと思いますよ^^
今の状態なら私は大丈夫と判断します。

決定的な理由が二つあります。
ひとつはお子様ご自身の意志が
はっきりしている事です。
やめる時も留年は嫌だと言えたこと。
通信制に移り、勉強のために
フリースクールにも行っている事。

もうひとつは
休学して一日中ゲームをとすすめたけれど、
それは嫌だといったこと。

おかめさん。
よくコミュニケーションがとれていますね。
いいじゃないですか^^
どちらかでアドバイスを受けられました?
ご自身の言葉ならば素晴らしいです。
なかなか言えませんし、それにちゃんと
答えるお子様は大したもんです^^

ここからは、もう少し詳しくお伺いしないと
具体的なお話が難しいのですが
夜型になるにはちゃんと
お子様なりの理由があるものです。

例えば…
フリースクールも
午後からしか友達が来ないとか
午前中の先生がちょっと苦手とか
あまり元気に毎朝通う理由がないというか…
その時間に外に出て知った人に会うのが嫌とか…

それ以外かもしれません。
子供って意外なことに拘ったりしますから。

ゲームに関しても同じですが、
こんなに元気なら朝から通えば?!
って思うでしょ?

でも逆にこんなに元気なのに
ゲームしかすることがないんです。

行くところがない。することがない。
朝から一歩外に出た世界に
楽しみが見つけられていない。
今はそんな状態かなと思います。
見た目元気そうにみえますが
一歩外にでる理由がないんですね。

外にでないと先に進めない!そんな気持ちも
とってもわかりますが、
一度大きく心を痛めた子供は
「頑張るぞ!」ってもう一度思うことに
ものすごく勇気が必要です。

また傷つくのではないだろうか…
またダメかもしれない…って。
そんな恐怖でいっぱいなんです。

心が勇気を取り戻すのは
少しずつ少しずつです。

幸いお子様は動けています。
意志もはっきりしています。

朝から動く理由ができたら
動ける子だと私は感じました。

そのきっかけはちょっとしたことだったりします。
行かなければ!で動くのは難しいけれど
行きたい!と思う理由ができれば
とめてでも行くようになりますよ^^

送迎も大変ですよね…。うちは…
前日申告制度にしましたよ^^
前の日に行くか行かないか決める。って^^
コミュニケーションがとれていたら
お子様となにかそうやってルールを
決めてもいいですね。

おかめさんなら楽しいルールを
作れそうですね。

送迎の事は…
おかめさんが送れないなら
行かないっていう時は
まだそんなに行きたくない心の方が強い証拠。
行きたくなったら何をしてでも
行くようになるから
頼まれたら絶対送らなきゃとか、
私が送らなければと行かなくなる!との心は
少し緩めていいですよ♡

おかめさんはよく頑張っています。
いいお母さんです。
これが率直な私の答えです^^

*****
ゲームの事も
お昼からしか動かないことも
送迎の事も
息子の不登校の経験から書きました♡
おかめさんが読んで
「これは違う」と思うことが
あると思います。
その気持ちは…とてもいいことですから^^
違和感を感じたところが
実は…引っかかりポイントだったりします。
違和感も大事にしてくださいね。
*****

大丈夫。
私たちはおかめさんの味方です。

未来はくるくる
みんなにくるくる

yukiでした
◆相談員「yuki」について
yuki

大学生の息子(高校一年生より不登校)と高校一年生の娘を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとyukiに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ