2019/03/30 2019/03/30

不登校のお子さんを育てるママたちへのメッセージ vol.2『新学期を迎えるにあたって』

不登校のお子さんを育てるママたちへのメッセージをお届けする企画!第2弾!

今回は『新学期を迎えるにあたって』をテーマに、Rizで活動するママ相談員たちからのメッセージを集めてみました。少しでも気持ちが和らぐきっかけになれば幸いです。

ママたちへのメッセージ

ママ相談員「yuki」より

もうすぐ春休みが終わりますね。
始業式。新しい学年。新しいクラス。新しい場所。
過度に期待しないようにと気を付けながら、だけど、ここを逃したらまた行きにくくなるのでは……そんな思いがぐるぐるしていませんか。

お子様は……もしかしたら初日……行けないかもしれません。初日は行けても、もしかしたら次の日は行けなくなるかもしれません。

とっても悲しい気分になるかもしれません。だけど……渦中にいると見えないのですが、過ぎ去り振り返ると、今流しているその涙も、1番大切な答えや道を見つけるために必要な涙だったんだ……と必ず辻褄があってきます。

今ここを見てくれたこの事が【お母さんが頑張っている】証拠です。お子様の事を思っている証拠です。こんないいお母さんがついているんだから大丈夫。お子様にも必ず伝わりますから。

どうかどうかお一人で悩まずに。辛いときはいつでも私達に話してくださいね。

ママ相談員「YAYOI」より

梅や桜が花を開き、春の訪れを感じる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?
あともう少しで、新学期ですね。

保護者の皆さまとしても、お子さんが学校へ行くかしら?など、不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

そうなる不安の背景に、まだ、
「子どもは学校へ行かなくてはならないもの」
という世相が現れている気がするのです。

私たち夫婦は、我が家の新小4年生の長男、今は完全に学校へ戻すことを目標としなくなりました。

それよりも、学校へは
殆ど行かなくなった今、 元気に笑顔で居てくれること。それは、何よりの親孝行だと感じるのです。

新学期を迎える前に、私は、長男のまた やりたい!という意思もあり、適応指導教室以外の居場所を与えました。

習い事は、学校へ完全に戻ってから…という概念を捨てて、今 再度 スポーツ少年団で、週末 仲間と共に 汗を流しています。
その、イキイキとした姿に、本来子供のあるべき姿を見出だしています。

家を子供が安心出来る場所に、学校以外の居場所作り、子供の夢中になれることを探す、生き甲斐を見つける…

大切なのは、学校へ行くことよりも、子供の命、笑顔、元気な姿!

新学期、学校へ行かなくては!という古い概念を捨てて、未登校の子を持つ親子さんで、新しい学び方、生き方を 開拓していきませんか?(^ー^)

ちなみに、不登校ではなく、未登校と言うのは、未知の可能性を秘めた、未来ある学び、という意味を込めて、主人と考えました。

このメッセージが、どなたかの心に届いたら幸いです。
それでは、お読み頂きありがとうございました。

ママ相談員「杏」より

『誰か』と比べない春は…とても穏やかで暖かい。家族で過ごす春には、いろんな形があっていい🌸

私の母は、学期末に私の制服をクリーニングに出してくれていました。でも…私が不登校になると、その必要がなくなったんですね。そのかわり…母は、陰で何か言われているんじゃないか…と思うようになっていました。
もちろん、母は、一言も私には言いませんでしたよ。でも、母の気持ちは手に取るようにわかりました。だから…私は、余計に自分を責めるようになったんです。
『私が、学校へ行かないからだ…』
『私が、ママを悲しませてるんだ…』
『私は悪い子…』ってね。
どうしようもできない自分を、自分で裁くようになってしまうんですね。母もそんなこと、望んでいなかったと思います。でも、親が言葉にせずとも心で思うことは、必ず子供に影響しています。だからこそ、そのまんまの目の前の子供の良さを認めて、言葉で伝えてあげてくださいね。

今年も、◯◯と一緒に春が迎えられて嬉しいわ~。
◯◯がいて、お母さんは幸せだわ~。

何かができたから…じゃなくて、我が子の存在を、桜を愛でるように、褒めてみてくださいね。そして、ご自身のことも、忘れずに褒めてあげてください。お母さんがいなければ、目の前のお子さんは、存在していないのですから…

それぞれの未来が、春に導かれていくことを願っています。

ママ相談員「りょう育ママ」より

まだ、桜が咲いていない
少しさびしい春

学校がお休みの日は…
なんだかホッとしますよね

「おやすみします」と
学校へ連絡しないだけで
気分が少しかるくなります

新学期がそろそろはじまります
また「おやすみします」
と連絡する日々を思うと憂うつですよね

その気分、お子さんにもうつります

いっそのこと
「学校へ行く日のみ連絡します」と先生へ電話してみては?

そのあとは、自分へのご褒美を忘れずに✨
春🌸なのだから、ピンクカラーを身につけてみては?
そのまま花見へ行っても
ショッピングしても
お一人さまの時間を大切にしてください

もし、ひとりでどうしようもないときには「ママサロン」へ
あなたは、ひとりではありたせん
だれかとつながりたいとき…
ママ友や親族に言えない話をしたいときは…
ここへ来てください

今回メッセージを寄せてくれたママ相談員のご紹介

PR.10名の相談員たちに相談できる『不登校ママサロン』運営中!

Rizでは、今回ご紹介したママ相談員を含む10名の相談員たちにいつでも悩みを相談できるオンラインサービス『不登校ママサロン』を運営しています。

子供との接し方に悩んでいるママ、学校とのやり取りに悩んでいるママ、周りに相談できる人がいないママ。そんなママたちの心を軽くして、子供と良い関係を築くためのきっかけを作るためのサービスです。

全国どこにお住まいでも利用できるオンラインサービスなので、もし今一人で悩みを抱えているママがいたら下記の詳細ページをご覧ください。

このブログと一緒によく読まれているブログ