2019/03/06 2019/03/04

学校に行きたいけど、なかなか行けません。親にも先生にも迷惑をかけているんじゃないかと不安です。

不登校経験者たちがあなたの悩みに回答する「子供のお悩み相談室」。今回は『学校に行きたいけど、なかなか行けません。親にも先生にも迷惑をかけているんじゃないかと不安です。』という悩みを相談してくれた「あやめ」さんに、相談員「たかれん」さんから回答をいただきました。

あやめさんのお悩み

年齢:13歳

私は今学校に行けてません。
行きたい気持ちは山々ですが、授業が遅れてしまってることや、友達のグループとうまく馴染めなくて、陰口を言われてるのではないか。省こうとしてるのではないか。と毎日考えてしまいます。
先生方はサポートしてくれて、学校がいけない日は毎日放課後話して改善方法を一緒に考えてくれます。でも行けなくて、親にも先生にも迷惑をかけてしまってるのではないかととても不安です。どうすればいいですか?

相談員「たかれん」の回答

たかれん

あやめさん、ご相談ありがとうございます。
Riz代表の「たかれん」といいます。よろしくお願いします(*´`)

学校に行きたい気持ちはあっても、人間関係や学習面など、いろいろなことが気になって、なかなか一歩踏み出すのは難しいですよね。
ご家族や先生に対して申し訳ない気持ちもあって、毎日気が気じゃないと思います。
そんな時に、勇気を出して相談してくれてありがとう。

わたしは基本的に「学校は、行っても行かなくてもいい」と思っています。
学校が合う人は行ったらいいし、学校が合わない人は行かなくていい。
それを大前提としたうえで、あやめさんのご相談にあった「学校に行くことに対する不安」を1つずつ解消していきますね。

まず、「授業が遅れてしまっている」について。
あやめさんの場合は、先生がたが協力的なので、先生に頼るのが一番かなと思いました。
例えば授業中以外の時間を少しとってもらって補習したり、授業を受けていなかった範囲のプリントをもらったり。
ただ、(あやめさんが学校に行っていない期間が分からないので正確なことは言えませんが)「遅れを取り戻す」ことに注力しすぎないほうが良い気もします。

わたしは中学1年生の時、約半年の不登校期間があって、戻った時には授業はちんぷんかんぷんでした。
英語なんて、教科書を開くだけで頭が痛くなってしまうくらい。
それで「早く追いつかないと」「ちゃんと勉強しないと」と焦ってしまって、家に帰ってからもずっと勉強してたんです。
結果として、授業に追いつく前に、体力が尽きてしまいました。

新しいことを学ぶというのは、とても時間と労力を必要とするものです。
だから、まずは「勉強する習慣を身に着ける」。そして慣れてきたら、自分のペースで学習していく。
学校の勉強には、約2年度、卒業する時に追いついていればOKです(*´`)
だから、無理せずに取り組んでくださいね。

それから、「友達から陰口を言われるのかと不安になる」ですね。
これは、以前そういうことがあって気にしてしまうのかな、それともそういうことはないけれど、なんとなくそんな気がするのでしょうか。
以前具体的な出来事があったのであれば、「先生に見周りしてもらう」とか「クラス替えのタイミングで戻る」とかすると、多少気にならなくなるのではないかなと思います。

具体的なことがあったわけではないけど不安になる場合には、・・・

最後に「親にも先生にも迷惑をかけてしまっているのではないかとても不安」ということについて。
不安になりますよね。
頑張らないとと思うのに、身体が動かない。
行きたい気持ちはあるはずなのに、なんでか学校に行けないまま。
どんどん日々は過ぎていって、余計に戻りにくくなっていってしまう。

根本的な話ですが、あやめさんはどうして親や先生に迷惑をかけていると感じるのでしょうか。
わたしは親から「学校に行ってほしい」と言われていたのがプレッシャーになって、「親が望んでいるんだからそうしないと!」と自分を追い詰めていたのだけど、あやめさんもそうなのかな。

もしそうなら、素直に自分の気持ちを伝えたほうがいいと思います。
「学校に行きたい気持ちはあるけど、いろいろなことが不安でなかなか行けない。それでも人に相談したりアドバイスもらったりして頑張っているから、もう少し待ってほしい」と伝えてみたら、親御さんも受け入れやすいのではないかな。
(理由が違ったらごめんね;;そうしたら、また教えてくれると嬉しいです・・・!)

ちなみに、先生がサポートしてくれることに対して、あやめさんが申し訳なさを感じる必要はまったくもってないです。
それは先生たちの仕事で、先生たちの役割は「あやめさんが笑顔で登校できるようにサポートすること」だから。
自分より何十歳も年上の大人の人たちに対して、「あぁ、こんなに頑張ってくれているのに、わたしは行けない……」って感じる必要はないんですよ。

もちろんあやめさんが元気でいてくれたら一番嬉しいけれど、あやめさんが学校に行けなくても、行けても、先生たちにとっては、「大切な生徒」であることに変わりありません。
だから、必要なサポートがあったら遠慮なく伝えて、少しでも先生たちが動きやすくしてあげましょ(*´`)

長くなってしまいましたが、いかがでしょうか。
無理して学校に行く必要はないけれど、なによりもあやめさん自身が「行きたい気持ちが山々」なのだから、先生たちとも協力しあって、元気に学校に行けるようになると良いですよね。
また何かあれば、いつでもお話聞かせてくださいね!

◆相談員「たかれん」について
たかれん


RizのLINEに参加すると無料でたかれんに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生からの悩み相談を随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談は順次コラム上で回答を公開させていただきます。
(コラム公開後はRizのLINEでお知らせしているので宜しければご登録お願いします^^)

※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

不登校生&保護者向けの情報をLINEで入手しよう♪

RizのLINEに無料登録すると不登校生やその保護者の方に向けた情報が届きます。不登校生の方はLINE上で個別相談(無料)も可能!いつでも参加・退会できるので、下記のリンクより気軽にご登録ください。

RizのLINEに無料登録する
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ