2019/01/26 2019/01/25

【保護者のお悩み相談室】不登校になりそうな娘の母です。親として学校に行くことを勧めなくて良いのでしょうか。

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『不登校になりそうな娘の母です。親として学校に行くことを勧めなくて良いのでしょうか。』という悩みを相談してくれた「清水」さんに、相談員「YAYOI」さんから回答をいただきました。

清水さんのお悩み

不登校になりそうな娘の母です。

娘は現在小学六年生です。
学校を休んで10日ほど経ちます。初日は頭痛を訴えたため休ませ、2日目も同じ理由で休みました。

しかし3日目になり休みたい理由が変わり、「友達に疲れた」「学校に行きたくない」と伝えられました。

娘はいわゆる優等生タイプで勉強も友達関係もうまくいっているように感じていたので、急にどうしたのかと思い「どうしたの?」「ちょっとだけでいいから学校に行ってみない」と軽く口にしたところ、号泣してしまいました。

親が気づかないうちにとても傷ついていたことを知り、このままではいけないと思い、無理に学校に行かなくてもいいことを伝えるとまたずっと泣いてしまいました。

少しの期間お休みして、今はだいぶ落ち着いてきた感じです。
学校のことについては何も話さないようにしたところ、会話も普通にしてくれるようになりました。
ただ、これまでの娘と変わって「つまらない」「楽しくない」などの不満も多く漏らすようになりました。

娘が苦しむことは嫌ですが、このまま不登校になってしまうことで長期的に見たときにはより娘が苦しんでしまうような気もします。

親として学校に行くことを勧めずにいてもいいものかも悩んでいます。

恥ずかしい話ですが、正解が分からず悩み続けて私自身も心が衰弱しております。何かアドバイスをいただけないでしょうか。

相談員「YAYOI」の回答

清水さん、初めまして。

相談員の「YAYOI」と申します。

勇気を出して悩みを打ち明けてくださり、本当にありがとうございます。

到らない点もありますが、心を込めて回答させて頂きます。

よろしくお願いします。

 
娘さんのことで、清水さんが悩みながらも 気持ちに寄り添い、学校を休ませてあげることで オウチを心の安全基地にしてあげられていること。

無理に学校に行かなくてもいいことを娘さんに伝えてあげられたことで、お母さんに受け止めてもらえた、気持ちを分かってもらえたと、安心して泣くことが出来たのだと思います。

清水さん、娘さんのことを とてもよく想っていて、暖かい愛で包んでいらっしゃるのですね。
頑張っていらっしゃるのですね。

そして、お母さんの素早い判断と対処があったことで、娘さんは落ち着いてこられているのだと思います。

「つまらない」「楽しくない」と言うことは、もしかしたら、早めに休み、ご家庭でエネルギーも蓄えられたことで、何かしたい!というやる気も出てきているのかも?と感じました。

少し我が家の小3の長男の話になりますが、長男が不登校になったときに、早めに学校を休ませて英気を養えたからか、やる気もエネルギーもすぐ取り戻せたのです。

けど、友達関係の悩みで教室へは行きたくなかったから、まずは 保健室 相談室登校を、少しずつ始めました。

あとは、学校以外の居場所も見付けられたのです。

調べたら、住んでいる市に 適応指導教室があったので、長男に話をしてみると…
興味を持ったので、見学してみました。

そこが長男には合っていて、楽しく通えています。

学校と家庭以外に居場所があることは、こどもさんにも親御さんにも良い影響があります。

他にも、居場所作りとして フリースクール、習い事などもあります。

娘さんが元気を取り戻し、生き生きすることを見つけていくことで、また学校へと気持ちが向く時が来るかもしれません。

是非、1つの参考にしてみてくださいね。

 
そして、娘さんのことで悩み頑張ってこられている清水さん。お母さんの心もエネルギーを蓄えていってあげてほしいのです。

清水さんの好きなことは何かありますか?
やりたいことはありますか?
楽しいと思うことは、何でしょうか?

お母さんが日々を楽しみ、気持ちを楽にしていくことって、子どもさんにも伝わっていくのですよね。

ちなみに私は、長男が不登校なり 大好きなソフトテニスを再開しました!
悩むと、家で筋トレしたり ラケット持って素振りします♪長男もそれを見て、俺も!とやり始めると、家族でテニス大会になります!

気持ちを外へ向けることで、楽になれますよ。
(^ー^)

もし、悩んだり 困ったりしたことがあったら、私たち10人のRizの相談員もいます。

清水さんの好きなこと、娘さんの好きなこと、是非 色々聞かせてくださいね。
一緒に考えさせて頂けたら光栄です。

 
清水さんご家族が良い方向へ行き、気持ちが楽になれることを心から願っています。

ご相談頂き、ここまで読んでくださり ありがとうございました。
◆相談員「YAYOI」について
YAYOI

小学四年生の息子(小学三年生より不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとYAYOIに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ