2018/12/30 2019/01/10

【保護者のお悩み相談室】娘が自分の頑張りを認められるように、母親としてできることはないでしょうか

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『娘が自分の頑張りを認められるように、母親としてできることはないでしょうか』という悩みを相談してくれた「美咲」さんに、相談員「りょう育ママ」さんから回答をいただきました。

美咲さんのお悩み

中三の娘が不登校です。
今の学校には二年生の頃から行けていませんが、高校からは心機一転頑張りたいようで、希望する高校に入るために現在は受験勉強を日々おこなっています。

しかしながら、本人の気持ちの波が大きく、むしろ自分が立てた目標に苦しんでいるようにも感じます。

娘は発達障害を抱えていて0か100かで考える完璧主義な部分があります。100で出来ているときには満足そうにしていますが、少しでも自分の思ったように出来ないと0だと評価してしまう傾向があります。

これまでも、何かを始めてうまくいかないことがあると途端に落ち込み、イライラするようになり、すべてが嫌になって投げ出してしまうことが度々ありました。

私としては娘が何かを継続できないこと自体は気になりません。ただ、落ち込んだりイライラしたり、投げだした後に自分で自分のことを責めている娘を見るのがとてもつらいです。

今回の受験も娘が決めたことなので応援しています。ただ、同時に、また娘がすべてを嫌になってしまわないか心配でもあります。

母として支えてあげられることがあるなら支えてあげたいです。受験がもしうまくいかなくても、本人が自分の頑張ったことを少しでも認められるように、できることはないでしょうか。

何かご意見をいただけると嬉しいです。

相談員「りょう育ママ」の回答

美咲さん、初めまして
相談員の「りょう育ママ」と申します
3人の発達凸凹ちゃんの母です
心をこめて回答させていただきます

美咲さんへ
娘さんのことをよく見ておられますね

娘さんも受験勉強を頑張っておられるのは、すごいことです
自分の環境をかえたいという意思があること事態、ステキです

0か100しかないという気持ち…よくわかります
わたしの娘も1回でも係の仕事を忘れていたら「できていない」と言い
息子は100点とれなかったら泣いていました

娘さんは、それでも前へ
美咲さんは、そんな娘さんを辛抱強く見守られているように文章から感じました

お母さんとして出きることは、美咲さんはもう充分されているとわたしは思いました

「本人が自分の頑張ったことを少しでも認められるように、できることはないでしょうか」
この言葉がでるのは、
美咲さんがしっかりお子さんと向き合っているからです
お子さんも美咲さんの想いが伝わっているからこそ受験勉強しようと思われたのではないでしょうか?

でも、苦しんでいるわが子をみるのは…辛いですよね

わたしが使っている魔法の言葉を2つご紹介しますね

「大丈夫」と「ま、いっか」です

時間がかかりますが…
わが子は間違ってもいいんだよと肯定されると安心しました
わたし自身が忘れ物しても「ま、いっか」と言っていたら、子どももつられて言えるようになりました

すぐにかえることは、むずかしいですが【いっぽ】ずつすすんでいきましょうね

もし、疲れたな…
しんどいな…
誰かに話を聞いてもらいたいな…
と思ったら1対1のメール相談もありますから、ぜひご利用くださいませ

自分の気持ちをいうことによって美咲さんの気持ちが整理されますし
スッキリしますよ

次は、美咲さん自身のことをお聞かせくださいね

~みんな そのまま それでいい~
りょう育ママでした
◆相談員「りょう育ママ」について
りょう育ママ

発達障害の3人のお子さん(小学四年生・小学二年生・幼稚園生)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用するとりょう育ママに個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談は順次コラム上で回答を公開させていただきます。
(コラム公開後はRizのLINEでお知らせしているので宜しければご登録お願いします^^)

※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

ママだって悩んでもいい。『不登校ママサロン』はじめました

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子育て経験者たちにメールで個別相談できるほか、ママたちの悩みを解消するためのサービスを多数ご用意しています。

不登校ママサロンの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ