2018/12/13 2019/01/10

【保護者のお悩み相談室】外で遊ぶのが好きな子だったので、家に引きこもっている現状が心配です

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『外で遊ぶのが好きな子だったので、家に引きこもっている現状が心配です』という悩みを相談してくれた「早乙女」さんに、相談員「陽」さんから回答をいただきました。

早乙女さんのお悩み

小学5年生の娘のことで相談させてください。

現在、不登校です。
休みはじめた頃は、担任からは「少しだけでも良いので何とか学校に来てください」と言われていたこともあり何とか1日1時間ぐらいだけ登校していましたが、次第に学校へ行くことが出来なくなり今に至ります。

娘は学校に行きたくない理由については私に話してくれません。

仲が悪いわけではなく、信頼もされているとは思うのですが、学校の話だけはシャットアウト状態です。少しでも話題をふると機嫌が悪くなり、しばらく口をきいてくれなくなります。
(テレビの話とかゲームの話は普通に楽しそうに話してくれます)

娘の気持ちを尊重してゆっくり待ってあげたいとも思うのですが、先生から毎日連絡があったりで、何かしてあげないといけないとどうしても焦ってしまいます。

また、家ではテレビやゲームをずっとしていて居心地良さそうにしていますが、居心地よい環境だけに居させてしまっては余計に学校など外へ目を向けるのが大変になってしまうのではないかという心配もあります。

もともと活発な子で外で遊ぶのが好きだったので、家に引きこもっている現状が心配です。

話にまとまりがなくてすみませんが、もし同じようなケースの方がおりましたらお話を聞かせていただきたいです。

このままの生活を続けて良いのか、どのように克服されていったのか、少しでもアドバイスをいただけると助かります。

何卒よろしくお願いいたします。

相談員「陽」の回答

早乙女さんへ

はじめまして。相談員の陽と申します。
よろしくお願いいたします。

相談内容を読んで、うちの次男の不登校初期の状況に似ているなと思いました。

次男も、本来は活発で、外で遊ぶのが大好きだったのですが、学校に行かなくなってからはほとんど外出しなくなりました。
そんな次男を見ているのは、とても辛くて切なくて、屈託なく外で遊んでいる小学生を見ると、不意に涙がこみ上げてしまうこともありました。

さて、どうやって克服したのか・・・ということでしたが、私の場合の話をしますね。

私の場合は、親の会に参加するようになって、色々な方の経験談を聞いたことが大きかったと思います。
そのうちに、ふと、息子は確かに外で遊ぶことも好きだけど、家にいることも、同じくらい好きなんだなと、気が付いたんです。
今は、その片方の「好きなこと」をやっている時期なんだな、と。
そう思ってからは、同じ年頃のお子さんを見ても、以前のような辛さや不安を感じることはなくなりました。
私がそのような気持ちになってから、次男もなんとなく肩の力が抜けたようで、最近では、どうしても行きたいところには出かけるようになりました。

娘さんも、ご家庭では、好きなことをしながら、居心地よくされているとのこと。
早乙女さんが、何よりも娘さんを信じて、ゆっくり待ってくれていることが、娘さんに伝わっているからだと思います。

居心地が良過ぎれば、余計に学校に行かなくなってしまうのでは、という心配もよくわかります。
私もそう思っていた時期がありますから。
でも、本来子供は好奇心の塊です。

娘さんは、今はまだエネルギー切れの状態で、外へ気持ちが向かないのだと思います。
でも、エネルギーが溜まって、外に出れる状態になれば、必ず自分から外に出たくなり、行動を起こすと思います。

何かしてあげないと、と焦るお気持ちは本当によく分かります。
でも、早乙女さんは、今まさに、「娘さんに居心地のよい空間を作ってあげている」こと、そして「娘さんを待っている」ことをしているんですよ。
これは、何か行動すること以上に、とても難しくてエネルギーの必要なことなんです。
それが出来ている早乙女さんですから、どうぞ、ご自分のことも、あまり追い詰めないでくださいね。

少しでも、早乙女さんの心がラクになるお手伝いができていれば、嬉しく思います。
お話を聞かせていただいて、ありがとうございました。
◆相談員「陽」について
陽

中学二年生の長男(去年より不登校)と小学四年生の次男(小学一年生より不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用すると陽に個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ