2018/12/08 2019/01/10

【保護者のお悩み相談室】解決の糸口が見つからず私自身も辛さを感じるようになりました

不登校の子育て経験者があなたの悩みに回答する「保護者のお悩み相談室」。今回は『解決の糸口が見つからず私自身も辛さを感じるようになりました』という悩みを相談してくれた「京子」さんに、相談員「杏」さんから回答をいただきました。

京子さんのお悩み

Rizさんのサイトからママサロンのことを知りました。

息子の不登校のことで相談させてください。
どうしても解決の糸口が見つからずにいます・・・

私は高校1年生の息子と2人暮らし。母子家庭です。

息子は中学3年生の春から不登校になりました。それでも本人の希望もあってなんとか公立の高校に進学することができました。

高校に入り環境も変わったので安心していたのですが、夏前頃からまた学校を少しずつ休みがちになり、夏休み明けから完全に不登校状態です。

私には話せないこともあるのだろうと思い、スクールカウンセラーやその他のカウンセリングなども薦めたり、私なりに不登校について勉強をして接し方などにも気をつけていますが、状況は何も変わらずにいます。

何か息子のためにできることはないかと手を尽くしましたが、それでも変わらない状況。両親は私の育て方のせいだと言い、相談できる人もおらず、私自身も辛さを感じるようになりました。

これまで前向きな性格で生きてきましたが最近は少しうつ状態のような気がします。

そんなときにママサロンの皆さんのプロフィールやブログを読ませていただき、辛さを感じているのは自分だけじゃないんだと感じることができました。

こんな私に何かメッセージをいただけないでしょうか。

相談員「杏」の回答

京子さん、はじめまして。
相談員の杏です。
どうぞよろしくお願い致します。

京子さん、私は驚きましたよ。
息子さんは、しっかりとされた頑張り屋さんなんですね。中学3年生の春から不登校とのことですが、公立高校へ合格されたということ…本当に、すごい。本当におめでとうございました。

京子さんが育てられた息子さんは、目指した目標に向けて、努力ができる息子さんなんですよね。だから、合格をされたんですよね。

すでに…

『目指した目標に向けて、努力ができる』息子さんに成長していた…ということですよね。

確かに…
今、また登校できていないとしても…

『目指した目標に向けて、努力ができる』

その力が、息子さんの中には『ある』ということですよね。

『生きていく力』とは、必要な時に、必要な力を発揮することができること…と私は、感じています。

あのフィギュアスケートの浅田真央ちゃんのお母さんは、学校から、学校のこと、成績のことを言われても、「真央に、勉強はいりません」と言い返したというエピソードがあります。

京子さんは、このエピソードをどう思われますか?
『あの真央ちゃんだから、お母さんだってそう言えたんでしょ…』って、思われますか?

私は最初、そう思っていました。でも、そこは逆なんですよね。

お母さんが真央ちゃんの才能を信じたから、真央ちゃんは、あそこまでなったんですよね。真央ちゃんを信じずに、『そうですね…将来のために、ちゃんと勉強もできた方がいい、みんなと同じように学校生活を送ることも大切ですよね』と、学校の意見を受け入れた子育てをしていたら…あの『浅田真央』にはなれていなかった…と思うんです。

私は今、不登校だった息子の受験に直面しております。厳しい現実を目の当たりにするにつけ、それみたことか…と、次男に家族が辛く当たります。でも、私だけは、息子の中に眠っている可能性と、息子の未来を信じようと思っています。

誰もが、浅田真央ちゃんのようなスーパースターの人生を生きるわけではないけれど…でも、誰の人生も、唯一無二の人生のはずです。

その人生を生きていく力を持つ息子さんへと育てられたのは、まぎれもなく『母である京子さん』なんですよ。不登校になっても、息子さんのために…といろいろ試し、学ばれたとのこと、愛がいっぱいのお母さんである京子さんに育てられたからなんですよね。京子さん、もっともっとご自身を褒めてあげてくださいね。そして、『私の子なんだから、大丈夫』と、私もですが、そう思って、息子さんの人生に、寄り添ってみるのはいかがでしょうか。

子育てには、正解も不正解もありません。でも、不安や迷いは、起こりますね。そんなときには、どうぞ今回のようにサイトにいらしてみてください。このママサロンには、10人の相談員がおります。それぞれに経験してきたことがあり、今、向き合っていることがあります。そして、その対処の方法もみんな違う。違くていいんです。違うからこそ京子さんの不安や迷いに繋がるヒントが、そこにあるかもしれません。

京子さんは、決して一人じゃありませんよ。
◆相談員「杏」について
杏

大学生の長男と高校一年生の次男(中学二年の秋〜中学三年の夏まで不登校)を育てるママ。不登校ママサロンの相談員として活動する他、ご自身のブログで子育て経験談を発信中。不登校ママサロンを利用すると杏に個別相談することも可能です。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Rizでは不登校生の保護者の方々からのお悩みを随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談の回答はコラム上で公開いたます。
(コラム公開後はRizのLINE@でお知らせしています)

※相談コラムの利用は1人1度までとさせていただきます
※相談コラムを利用いただいたい方には感想アンケートの回答をお願いしています
※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

無料相談フォーム

「不登校の教科書」無料公開中!

Rizでは、これまで多くの不登校生とその保護者を支援してきた経験をもとに作成した「不登校の教科書」を無料公開しています。不登校生の保護者にとって参考となる情報をすべて掲載しているので、ぜひ一読ください。

不登校の教科書の詳細はこちら
ママだって悩んでもいい!『不登校ママサロン』参加者募集中。

Rizでは保護者のためのオンラインサービス『不登校ママサロン』を提供しています。不登校の子どもを育てた経験のある10人のママ相談員たちに、メールでいつでも個別相談できるサービスです。

不登校ママサロンの詳細はこちら
不登校生のためのオンラインサービス『Rizオンライン』運営中!

Rizオンラインは、不登校経験のあるRizスタッフたちと自宅にいながら交流・相談できるサービスです。遠方に住んでいる子どもや、家を出ることがしんどい子どもに、少しでも安心できる時間を作りたい想いで運営しています。

Rizオンラインの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ