不登校の子どもに理解ある環境

Rizを運営する相談団体「ココトモ」では、これまでに不登校生をはじめとする5万人以上の方への相談実績があります。そのため、不登校の子どもにたいして「どのように接すれば安心して心を開いてもらえるか」「どのようなステップで回復に向かっていくか」という情報は他のどのフリースクールよりもあると自負しています。

これらの経験をつうじて私たちは「子どもが最も早く回復するためには子どもに理解ある環境が大切」だと感じています。

そのためRizのスタッフには元不登校生であり、さらに相談団体ココトモで日頃から悩み相談をおこなっている方たちを集めました。不登校の子ども1人1人の心のペースを大切にして、子どもに理解ある環境をつくっています。

予備校講師が監修する教育・進学サポート

不登校の子どもの中には「いつか復学したい」「高校からは通学したい」「大学に進学したい」という気持ちを抱えている方も多くいます。

そのためRizでは難関大向け予備校講師の協力のもと、大検(大学を受験する権利を得るための検定)に合格するまでの教育・進学サポートをおこなっています。

子ども1人1人の希望を100%実現するために完全個別形式で学習内容のフォローから進学相談まで対応しているため、集団授業形式の学校や塾よりも効率的に勉強することができ、学習面での遅れも取り戻して復学することができます。

ただし子どもによっては必ずしも復学や進学を望んでいるとは限りません。そういった子どもには無理に勉学を勧めることはせず、本人が安心した時間を過ごせる場所であることを第一にすることをご了承ください。

専門家たちが「子どもの夢」を徹底サポート

もし子どもが復学・進学とは別に「やってみたいこと」「挑戦したいこと」が生まれた場合、Rizは子どもの想いを可能な限りサポートしたいと考えています。具体的には、Rizを運営する相談団体ココトモに属している数百名のスタッフの中からその子どもの夢を実現している大人を招き、体験談から実現サポートまで可能な範囲でおこないます。

現時点でもイラストを描きたい子どものためにイラストレーターさんを招いて指導をお願いしたり、プログラミングを学びたい子どものために現役プログラマーの方が個別授業をおこなったり、さまざまな形でサポートしています。

※このような場合には事前に親御さんにも相談させていただきます

心の悩みを解決するプロのカウンセラーが定期訪問

不登校の子供の中には「親に心配をかけたくないからこそ親には話せない悩み」を抱えている子供も多くいます。

そういった子供は一見しっかりしているように見えたり無口なように見えたりしますが、実は誰よりも無理をしていて誰よりも相談したがっています。

そのためRizでは心の悩みを解決するプロのカウンセラーの方に毎月訪問していただき、子供が抱えた気持ちを少しでも話せる場所をつくるようにしています。