横浜社会教育研究所 和田文庫

エリア
神奈川県
対象年齢
中学生
主な対象者
不登校、発達障がいなどの当事者及び家族(中学2・3年生を中心とする)

主な特徴

歴史ある地域密着型の学習塾

和田文庫は、地域社会における教育力の担い手として、「現代の若衆宿」を夢見て、地域密着型の学習塾を、40年にわたって運営してきました。さまざまなエピソードを持つ不登校にも深くかかわって40余年。悩める青少年と、今日も希望を求めて共に歩み続けております。

また、横浜こども支援協会の一員として、神奈川県教委・横浜市教委とも連携を深め、つねに青少年へのベスト・サポートに努めております。

いく人もの元不登校生が、高校や大学へと巣だっていきました。

さまざまな理由で学校に行きづらくなっているひとがいます。
だからといって、進学ができなかったり未来が閉ざされる訳ではありません。

フリースクール in 和田文庫の特色は、不登校の期間の長短にかかわらず(6ヶ月~9年)「やり直し」を放棄しない、「高校」からやり直して立派な大学生、社会人になっていることです。

きめ細かい対応とディスクゴルフで大きな成果を挙げています。

心を病んでいるケース、家族関係に起因するケースなどには、殊にきめ細かく接しています。
また、25年ほど前からディスクゴルフに取り組み、技能の向上と異年齢交流によって、大きな成果を挙げてきました。

勉強内容

午前中は学習指導が中心。まずは個別指導になります。
慣れてくるとグループ指導となることがあります。

年間行事としては、(丹沢キャンプ)、遠足や見学会、お食事会など。

卒業後の進路

【8年前の高校進学者とその後】

①Shoちゃん(不登校暦:小1ごろ~中学個別卒業式)

中1末ごろから和田文庫へ通う。
DiscGolfの腕をあげ昭和記念公園での月例会で優勝。
東海大望星高校平日教育コースに入学・美術部。
その後、東海大学教養学部・美術専攻に進学。
今春、無事卒業したが、その後は?

②マコト(不登校暦:中2中ごろ~個別卒業式)                                 
「ボクは他人にいじめられる前にいじめてしまうようにしている。
だからいじめられっこじゃない。学校に行っていないのは、僕の休みぐせ。」
と言っていたが…。
東海大望星高校平日教育コースへ進学。
付属推薦で、東海大学海洋学部・海洋生物学科に進学。
今春、卒業したはずだが・・・

③Shunスケ(不登校暦:中2~個別卒業式) 東海大望星ではShoちゃんと同級

高校生活は、必ずしも「順調」とは、言い難かったようだが、
数学が得意だったせいか、東海大付属校の基礎学力テストで好成績。
東海大学工学部・精密工学科に進学。が思うところあって中退。

④Uスケ子(県立高校を1年の秋に中退)                                    
1年遅れたが、東海大望星を受験、やりなおしの高校生活。
生まれ変わったような、望星での高校生活の結果、東海大学工学部・化学科に進学。
今春卒業したはず・・。4月3日にトツカーナ付近で見かけたが・・。
[その後、このページを見た人からの忠告により、来庫したが、
“まあ、一杯”なんてやっていたら、消息を失念した]

《なんだか、東海大学の宣伝をしているみたい・・・・》


【3年前の高校進学者とその後】                               

①はっちゃん(不登校暦:中2~後半は保健室、中3は登校)                        
県立の単位制フレキシブル高校に進学。
ときどき級友とお出かけしているのを見かける。

②怖い妹のネーちゃん(不登校暦:中1中ごろ~卒業まで)                          
中3の5月23日より和田文庫に通う。
東海大望星高校平日教育コースへ進学。
リニューアルされた望星高校の紹介DVDの案内役を務めていた。

③ダンマリ君(私立中学1年途中から不登校、退学・・)                             
後発性の選択的緘黙症?中3の5月20日~10月31日和田文庫
望星高校を検討したが、通学に不安あり日々輝高校に・・・

④マドンナ・マイチャン(中2の1月~卒業まで不登校)                             
摂食障害で入院したり、波乱万丈の中学生活。
中3の夏休みに和田文庫にくるも、ドクターストップ。
10月6日より和田文庫に復帰、3月末まで月11~12回通う。
4月から東海大望星高校平日教育コース。1年間皆勤、成績優秀。
2年次夏から4ヶ月間、米国に留学。
4月から上智大学に進学予定。。

費用

初回の電話照会は無料。
相談費は、1時間6,300円から(訪問相談は交通費実費)
個別指導料は、8,400円/回から相談の上。(減免、支払い猶予あり)

スクール概要

名称 横浜社会教育研究所 和田文庫
対象年齢 中学生
主な対象者 不登校、発達障がいなどの当事者及び家族(中学2・3年生を中心とする)
利用時間 月曜日・水曜日・木曜日・土曜日 9:30〜17:00
教育相談・カウンセリング 予約制(休日も可)
住所 〒244-0003 横浜市戸塚区戸塚町364
アクセス(行き方) JR東海道線・横浜市営地下鉄「戸塚」駅より徒歩15分
神奈中バス(戸塚バスセンターから金井経由から大船駅)「東電前」下車3分
定員 個別指導。または2人から4人
寮の有無
HP http://www.mmjp.or.jp/wadabunko/
電話番号 045-861-0395
メールアドレス izumushi-manda@yokohama.email.ne.jp
◆ママだって悩んでもいい。『不登校ママサロン』はじめました
このたびRizでは不登校生の保護者に向けたオンラインサービス『不登校ママサロン』をはじめました。ママたちの悩みを解消するためのサービスを多数用意。ただいまリリース記念として無料でお試しいただけます。
不登校ママサロンの詳細はこちら
◆不登校生の保護者向け情報を『LINE』で配信中
RizのLINEに無料登録すると不登校生やその保護者の方に向けた参考情報が定期的に配信されます。いつでも参加・退会できるので、興味ある方は下記の「友達になる」ボタンからLINEにご登録ください。

友だち追加