星槎国際札幌北

エリア
北海道
対象年齢
高校生
主な対象者
不登校、LD、ADHD、アスペルガー、軽度発達障害

主な特徴

SST(Social Skill Training)社会トレーニングの活用

近年、若年就職者の早期離職(いわゆる「7・5・3現象」...就労後3年以内で中卒者7割、高卒者5割、大卒者3割が退職する)が問題視されています。この問題の裏側には一体何が隠れているのでしょうか?社会で働くためには、<社会的信用>が要求されます。「挨拶をすることができる」「わからないことを聞くことができる」といったコミュニケーション能力や、「遅刻・欠席をしない」といった生活習慣の確立が<社会的信用>に結びつくものと考えられます。
子どもたちがそれらを身につけないまま社会へ出て行き、即座に<社会的信用>を求められたその結果が、早期離職の裏側に隠れていることは否めません。
本校で取り組んでいるSST(社会技術トレーニング)は、コミュニケーション能力や生活習慣の確立を学習するとともに、「自らの力で課題を解決する」ことや「必要な場合は他者の支援を要請する」といった、自立に向けての基本的事項を総合的・体験的に実践していくものです。社会で必要とされる能力を身につける場。これが私たちの実践するSSTです。

こころの通う指導力

星槎のこだわり第一は、その教員陣です。星槎グループ40年の実績によって培われたノウハウは、教職員一人一人の中に脈々と受け継がれています。子どもたち一人ひとりのために。その一念によって、今までに星槎グループ全体で1万人以上の高校卒業生を輩出してきました。その中にはあるゆるタイプの子どもたちが含まれています。私たちを必要としてくれる子どもたちのために、私たちは粘り強く、心を通わせる指導力を発揮してきました。
もちろん、教職員一人一人がオールマイティであるわけではありません。他の先生方の力や星槎グループ全体のスタッフの力、生徒の力、保護者や近隣・関係者の方々の力、それらすべてをお借りして、子どもたちを中心とした「場の力」へと変えていく。その「場」を共有するすべての人たちの笑顔が増えていく。
そんな星槎魂に、私たちは誇りをもっています。

インクルージョン教育

星槎グループが長年、取り組んできた「個性を尊重する」「仲間外れにしない」インクルージョン教育は、ただ単に「みんな一緒」にすることではありません。30年も前から、個性を伸ばす教育手法の開発に取り組み、試行錯誤を繰り返しながら、日本より先行するアメリカなど諸外国からの教育手法を導入したり、独自の手法を生み出してきました。
日本は、特別支援教育の分野においてまだまだ発展途上といえる状態ですが、私たちはその先駆けとして、比類のない実績とノウハウを蓄積してきたと自負しています。 LD、ADHD、アスペルガー、軽度発達障害 星槎国際高等学校では、対象が高校生年齢期であること、また不登校など副次的な背景があることについても、社会的・心理的な配慮を十分にしながら、特別支援教育を必要とする生徒にも万全の体勢を整えています。

勉強内容

教科授業は、習熟度別になっており、今までの学習でつまずいた点までさかのぼり学習する形をとっています。生徒のレベルに合わせて、 通常の高校内容から中学の基礎的内容まで、カリキュラムは弾力的に組んでおります。
また、各教科という枠組みでなく、実際の社会や生活を基盤として幾つかの教科を合わせて授業を行うのが特色です。教材は教科書だけでなく、 生活の中にあるものや問題を取り上げ、実生活で生かされるように工夫されています。

卒業後の進路

併設の星槎大学、その他の大学
インターンシップ

スクール概要

名称 星槎国際札幌北
対象年齢 高校生
主な対象者 不登校、LD、ADHD、アスペルガー、軽度発達障害
利用時間
住所 〒001-0011 札幌市北区北11条西4丁目2-3
アクセス(行き方) JR札幌駅(地下鉄 札幌)駅北口 徒歩7分
地下鉄南北線「北12条駅」 2番出口 徒歩1分
定員 130名
寮の有無
HP http://seisa.ed.jp/sapp/kc_web/
電話番号 011-700-3830
メールアドレス sapporo-kc@seisa.ed.jp
◆Rizの最新情報をLINEで入手しよう♪
RizのLINEに無料登録すると、不登校の方向けの情報やRizの日常の様子が流れてきます。いつでも参加・退会できるので、興味ある方は下記の「友達になる」ボタンからLINEにご登録ください。

友だち追加