吉中

吉中

性別:男性
出身:宮崎県
生年月日:1986年7月

Rizによくいる日時の目安
水曜日と午前中

プロフィール

慶應義塾大学を卒業後、商社で海外営業をしていました。その後「教える」を仕事にしたいと思い、現在は大学受験予備校で英語や政治経済・倫理を教えています。

元々勉強は得意ではなく(むしろ苦手)、成績は後ろから数えた方が早いタイプの中高生でした。しかし、勉強法を勉強してから少しずつ好きになり、ついには仕事で人に教えるまでになってしまいました。

趣味・好きなこと

中高生の頃はテレビゲームばかりしていました。夜中に気絶するまでやっていましたが、全てを忘れて没頭できる事があったのは幸せな事だったと思います。最近は全然やっていませんが、老後の楽しみにしています。勉強時間は削られましたが、合理的に物事を進める習慣はゲームを通して身に付けたと思います。

映画や漫画をよく見ます。大学生の頃は映画研究会に入って映像制作をしていました。漫画は漫画喫茶でまとめて読むのが好きです。自分の根幹を作っているのは多分マンガです。自己紹介の際に趣味が「読書・映画鑑賞」となり、どこにでもいる量産型になってしまうのが一時期悩みでした笑。

訪れる方に提供できること

知識や学習面のサポートを致します。教科は問いません、学校の勉強でもいいですし、学校以外の勉強でも大丈夫です。わからない事があればなんでも聞いて下さい。

知識を教えるだけでは無く「勉強法や学ぶことについて学ぶ」講座もやっていきます。知識も大事ですが、学ぶスキルはもっと大事だと思っています。一度身に付ければ一生使える武器になります。

日常で感じた疑問からその答えにどうやってたどり着くのか?一緒に知の探求をしていきましょう。

スタッフをやっている理由

学校のお勉強も大事ですが、それは手段としての学びです。学習サポートを通じて、学問の奥深さや知的好奇心、目的としての学びのワクワク感を伝えられれば嬉しいです。

メッセージ

私自身中高生の頃は勉強する意味を見出せず、学校には友達に会いに行くぐらいの感覚でした。当時の自分は学校の勉強よりも「なぜ勉強をしなければならないのか?」「人生とは何か?」といった、およそカリキュラムに無いことに興味がありました。そして残念ながら、その答えを高等教育から得ることはできませんでした。

現在は高卒認定の整備なども進み、大学へのステップとして中学高校に必ずしも通う必要はありません。僕のような「学校嫌いの学問好き」にも、適した場所を提供できればと考えています。